「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【日本シリーズ総括】ベイスターズとホークスの明暗を分けたもの

2017 11/24 14:57Mimu
野球観戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

下馬評ではホークス圧勝だった日本シリーズ

日本シリーズ開幕前、多くの方はこう思っただろう。「ホークスの圧勝だろう」と。
2017年の日本シリーズ、パリーグ1位の福岡ソフトバンクホークスと、セリーグ3位のDeNAベイスターズとの顔合わせとなった。正直に言って、力の差は歴然。ベイスターズも短期決戦での強さが話題となっていたが、さすがに相手が悪すぎた。
実際に第1戦では10-1とホークスが圧勝。第2戦、第3戦は1点差での戦いとなったが、まだホークスには余裕があり、力の差を見せつけられていたように思う。ベイスターズはあっという間に3連敗を喫し、後がなくなった。

第4戦でベイスターズが初勝利!徐々に変わりゆくシリーズの流れ

しかし、第4戦目から流れが変わっていく。この日先発の濱口遥大が8回途中までノーヒットの快投を見せると、打線も桑原将志のシリーズ初ヒットを皮切りに、宮﨑敏郎や高城俊人が大暴れ、6-0と完封勝利を挙げた。
そして第5戦目、とうとう主砲が目覚める。0-1と1点ビハインドの4回、相手先発のリック・バンデンハークから、4番・筒香嘉智が逆転ツーラン。1度は2-4と逆転を許してしまうものの、6回にもリバン・モイネロからタイムリーツーベース。
ここまで抑えこまれていたサウスポーから大きな一打を放ち、試合の流れをガラリと変える。さらに宮崎もタイムリーで続くと、明石健志のエラーも絡んで5-4と逆転に成功。最後は山崎康晃が9回を抑え、1点差を守り切っての勝利となった。この2試合で、ようやくベイスターズらしさが戻ってきたように思う。

おすすめの記事