「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球各チームのSNS活用比較!SNSに力を入れている球団は?

2017 11/10 12:24kero
スマートフォン
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ観戦は今は「ながら視聴」が主流

インターネット、SNSが発達した現代は、テレビで観戦しながらネットを利用したり、携帯端末で情報を収集したりと「ながら視聴」をする人も多いのではなかろうか。SNSを利用し、試合の途中経過や選手・チームのプレー内容に関する情報をリアルタイムの動画を含め、配信している球団も少なくはない。テレビの前にいなくとも大きなタイムラグなく試合の動画を閲覧することもできる。

また、球団のSNSの積極的活用により試合のない時やシーズンオフ期間中も、選手の情報や交流イベントの告知、球団からの情報を頻繁に発信することにより、より細やかなファンサービスが行える結果となっている。

Facebook公式ページを覗いてみると、ファンと球団側のコミュニケーションの密度(発信の頻度)や球団のファンサービス、コミュニケーションの傾向がわかる。
ここでは「いいね!」の数や他各SNSのフォロワー数を球団ごとに比較してみた。(2017/9/29 SPAIA調べ)ファンクラブの会員数を比較するよりも、より広範囲なファン層の傾向や規模がつかめるのではないだろうか。
今回は、筆者の独断によって各球団のSNS分析をしてみた。

※YouTubeの公式アカウントを持っている球団もあるが、出そろってはいないので、フォロワー数比較をここでは割愛する。

SNSユーザーの年齢層と利用率

年齢別SNS利用率を見てみよう。

SNSの利用率及び実名利用率

(出典) 総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」SNSの利用率及び実名利用率(平成27年)

総務省による過去1年(平成27年度)のSNS利用率調査ではLINEが(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)となった。Instagramは調査時(平成27年度)今のようなブームではなかったが、現時点ではInstagramの利用率は大きく数字を伸ばしていることと推測される。それでも、日本ではLINEの利用率が最も高い。

SNSの利用率及び実名利用率

(出典) 総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」SNSの年代別利用率(カッコ内は実名利用率)

SNSの年齢別利用率を比較すると、20代が最多となり、年齢層が上がっていくにつれ減っていく傾向にある。
Facebookについてはやはり20代の利用率が最も高いが、30代、40代の利用率も低くない。
Twitterユーザーの年齢層は、20代以下の利用率が一番多くなり、30代以降ではユーザー数は縮小していく。Instagramに関しても、同じ傾向だ。
LINEにおいては、20代が圧倒的にその利用率を誇るが、30代、40代の利用率も比較的高い。

これらのことを踏まえて、球団別のフォロワー数を比較してみよう。

おすすめの記事