「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

主軸の不振、故障者続出で低迷した日本ハムの2017年シーズンまとめ

2017 11/10 12:24cut
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の北海道日本ハムファイターズ

2016年に奇跡の逆転優勝を果たし、日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズ。2017年シーズンは大谷翔平選手の故障などもあり開幕から波に乗れなかった。シーズンを通じて一度も上位争いをすることなく5位に沈んでしまう。

【2017年シーズン成績】
順位:5位
勝敗:60勝83敗
勝率:.420
打率:.242(5位)
本塁打数:108本(5位)
得点数:509点(5位)
盗塁数:86盗塁(2位)
防御率:3.82(4位)

投打ともに精鋭を欠いた日本ハム。それはチーム成績にも表れている。投打の主軸である大谷選手の故障、中田翔選手、有原航平選手の不振が響き打率、得点、本塁打はパ・リーグ5位。防御率もリーグ4位。盗塁数こそ盗塁王の西川遥輝選手がいたことでリーグ2位だが、チームの順位を押し上げるに至らなかった。

またシーズン途中には、中継投手の中心であった谷元圭介を金銭トレードで中日ドラゴンズへと放出される。
東京ヤクルトスワローズへは屋宜照悟選手を放出し杉浦稔広選手を、横浜DeNAベイスターズへはエスコバー選手を放出し、黒羽根利規選手を獲得するなど果敢に選手の入れ替えも行った。これは来シーズン以降へ向けた意味合いも強かったといえそうだ。

大谷選手が不在、有原選手が不調だった投手陣

2016年の日本シリーズで右足首を痛めた大谷翔平選手。第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出されたが、最終的には辞退した。投手としてはペナントレースの開幕戦にも間に合わなかった。
開幕後に故障をした影響もあり、初めてマウンドに登ったのは前半戦終了間際の7月12日だった。以降、5試合に登板し3勝をマークしたものの、戦力となれたとは言えないシーズンだった。しかし、最終登板では9回完封被安打2、10奪三振の好投を見せ、いい形でシーズンを締めくくった。

大谷選手の不在により開幕投手を任されたのは3年目の有原航平選手だった。開幕戦で6回途中6失点でノックアウトされると4連敗。その後も7月から8月にかけて5連敗を喫してしまう。
しかし、9月後半からは3連勝を飾り、2桁勝利になんとか到達した。最低限の役割を果たしたと言えるが、期待度からすると物足りなかった。

昨シーズンは抑えから先発に転向し、優勝の立役者となった増井浩俊選手。契約更改時に抑えを志願し、今シーズンは再び中継ぎスタートとなった。シーズンを通して52試合に登板し、防御率2.39と安定した投球を披露した。投手陣の中で奮闘したといえるだろう。

また、シーズン終盤にはドラフト1位の堀瑞輝選手が登板するなど若い選手も出てきており、来シーズンは体制が大きく変わりそうだ。

【主な投手成績】

大谷翔平選手
5試合/3勝2敗/防御率3.20

有原航平選手
25試合/10勝13敗/防御率4.74

増井浩俊選手
52試合/6勝1敗27S7H/防御率2.39

おすすめの記事