「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

史上初めてCS進出を逃した巨人の2017年シーズンまとめ

2017 11/10 12:24cut
東京ドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の読売ジャイアンツ

高橋由伸監督2年目となった2017年シーズン。昨シーズンは2位になったものの、クライマックスシリーズはファーストステージで敗退してしまった。
その後に渡辺恒雄氏が「これはフロントの責任。補強してねぇもん」と高橋監督を擁護すると、球団も30億円と呼ばれる資金をつぎ込み陽岱鋼選手、山口俊選手、森福允彦選手、マギー選手、カミネロ選手と次々に補強を行った。巨大戦力となり、広島東洋カープ追撃の筆頭候補となったのだ。

しかし、マギー選手、カミネロ選手は結果を残したものの、陽選手、山口選手は出遅れた。森福選手は年間を通じて活躍することができず、投手陣が好投しても打線の援護がなく敗退するケースも目立ち、球団史上初めてクライマックスシリーズを逃してしまった。

一方、シーズン途中にチームの編成責任者であるGMが堤辰佳氏から鹿取義隆氏に変わり、チーム強化の色が見えてきた。
シーズン終了後には主砲の一人である村田修一選手を自由契約とし、二塁手には山本泰寛選手、吉川尚輝選手といった若手を起用すると明言。育成を重視していく方針を打ち出した。来シーズン以降の変化に期待がかかる。

【2017年シーズン成績】

順位:4位
勝敗:72勝68敗3分
勝率:.514
打率:.2492(3位)
本塁打数:113本(3位タイ)
得点数:536点(4位)
盗塁数:56盗塁(4位)
防御率:3.31(2位)

3本柱で44勝17敗もBクラスに

今シーズン4位となってしまった巨人ではあるが、投手陣は奮闘した。なかでも菅野智之選手、マイコラス選手、田口麗斗選手の先発3本柱はそれぞれが結果を残している。

なかでも菅野選手はキャリア最高となる17勝(5敗)、防御率1.59をマークし貯金を12個作った。2年連続3度目となる最優秀防御率に加え、始めて最多勝のタイトルも獲得。沢村賞の最有力候補となっている。
2年契約2年目となったマイコラス選手も年間を通じて安定した投球を見せ、キャリア最高の14勝(8敗)をあげ最多奪三振のタイトルを獲得している。

また、左腕エースの座を手に入れた田口選手は二年連続となる2桁勝利を達成。3本柱と呼ばれるまでに成長している。その他にもドラフト2位ルーキーの畠世周選手が後半戦に6勝(4敗)をマークし4本目の柱となった。

このように先発投手陣が安定していたように見えたが、投打がかみ合わずAクラス進出を逃してしまうところが野球の面白さでもあり、怖さでもある。

【主な投手成績】

菅野智之選手
25試合/17勝5敗/防御率1.59

マイコラス選手
27試合/14勝8敗/防御率2.25

田口麗斗選手
26試合/13勝4敗/防御率3.01

おすすめの記事