「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

5年連続Bクラスとなった中日の2017年シーズンまとめ

2017 11/10 12:24cut
ナゴヤドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の中日ドラゴンズ

森繁和監督就任1年目となった2017年シーズン。開幕4連敗スタートを喫するとその後も上位に浮上することなく、下位に低迷。シーズンを5位で終えている。球団ワースト記録を更新する5年連続のBクラスとなってしまった。

新外国人のゲレーロ選手が本塁打王に輝くなど孤軍奮闘を見せたが、その他の打撃陣は低調。
第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表にも選ばれた平田良介選手は故障で離脱してしまう。首位打者争いを演じていた大島洋平選手も8月末に死球で骨折。エースとしての活躍が期待された大野雄大選手も不調で一時中継ぎに回るなど、年間を通じた活躍はできなかった。
投打ともに中心選手が活躍できなかったシーズンとなってしまった。

その結果がチームの順位にも現れてしまったといえるだろう。

【2017年シーズン成績】

順位:5位
勝敗:59勝79敗5分
勝率:.428
打率:.247(5位)
本塁打数:111本(5位)
得点数:487点(5位)
盗塁数:77盗塁(2位)
防御率:4.05(5位)

来シーズンは年間を通じた活躍に期待したい左腕3人

投手陣に目を向けてみる。エースとして期待された開幕投手の大野選手が開幕から3連敗を喫し中継ぎに配置転換。中継ぎとして登板した試合でサヨナラ満塁弾を浴びるなど不調から脱することがなかなかできなかった。しかし、交流戦から先発に復帰するとそこから7勝3敗。エースの意地を見せた。

長らく守護神を務めた岩瀬仁紀選手は今シーズンプロ野球最多登板数を更新。
現役最年長となった今シーズンはセットアッパーなどを任され、26ホールドを記録し954試合でシーズンを終えた。同年齢の井口資仁選手(ロッテ)が引退したことにより、来シーズンは単独での現役最年長選手となる。

将来のエース候補として期待されている小笠原慎之介選手。高卒2年目のシーズンは、オフに手術をした影響で一軍昇格は5月からだった。その後は貯金を作ることができなかったものの、ほぼ先発ローテーションを守り、5勝(8敗)をマークした。来シーズンは開幕ローテーション入りが期待される。

【主な投手成績】

大野雄大選手
24試合/7勝8敗/防御率4.02

岩瀬仁紀選手
50試合/3勝6敗2S26H/防御率4.79

小笠原慎之介選手
22試合/5勝8敗/防御率4.84

おすすめの記事