「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【パ・リーグ】2017年シーズン各チームの新人たちはどうだった?

2017 11/10 12:24cut
baseball player
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡ソフトバンクホークスの新人たち

リーグ優勝を果たした福岡ソフトバンクホークス。即戦力として期待された1位の田中正義選手は、シーズン終盤に二軍戦で登板したものの一軍昇格はなかった。その他の3選手は高卒ルーキーということもあり、三軍、二軍で実戦を積んでいる。

近年のソフトバンクは育成に力を入れており、ルーキーイヤーから即戦力として活躍する選手は少ない。入団から数年を経て戦力となるケースが多いのだ。昨年のドラフト指名選手たちもデビューをするのは数年先となりそうだ。

1位:田中正義選手(創価大、投手)
※一軍出場なし

2位:古谷優人選手(江陵、投手)
※一軍出場なし

3位:九鬼隆平選手(秀岳館、捕手)
※一軍出場なし

4位:三森大貴選手(青森山田、内野手)
※一軍出場なし

埼玉西武ライオンズの新人たち

昨夏の甲子園優勝投手である今井達也選手が春季キャンプで出遅れる、嫌なスタートとなった埼玉西武ライオンズ。しかし、ドラフト3位の源田壮亮選手が期待を超える活躍を見せ、リーグ2位に大きく貢献した。

56年ぶりとなる新人フルイニング出場を達成し、打率.270(575打数155安打)、3本塁打、57打点、37盗塁を記録。チームだけではなくリーグを代表する遊撃手となった。
松井稼頭央選手(現・楽天)、中島宏之選手(現・オリックス)以降、レギュラーが定まらなかった遊撃手を見事に埋めた格好だ。

社会人出身の平井克典選手は、中継ぎとして42試合に登板。来シーズンは勝ち継投の一角に食い込みたい。

1位:今井達也選手(作新学院、投手)
※一軍出場なし

2位:中塚駿太選手(白鴎大、投手)
1試合/0勝0敗/防御率27.00

3位:源田壮亮選手(トヨタ自動車、内野手)
143試合/打率.270/3本/57打点

4位:鈴木将平選手(静岡、外野手)
※一軍出場なし

5位:平井克典選手(Honda鈴鹿、投手)
42試合/2勝0敗4H/防御率2.40

6位:田村伊知郎選手(立大、投手)
12試合/0勝0敗/防御率6.91

おすすめの記事