「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【セ・リーグ】2017年シーズン各チームの新人たちはどうだった?

2017 11/10 12:24cut
baseball player
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島東洋カープの新人選手たち

2年連続となるセ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープ。高校生が4人いたこともあり、そのほとんどが二軍暮らしとなった。

そのなかでドラフト1位の加藤拓也選手は、4月7日に先発デビューを果たした。あわやノーヒットノーランの快投を演じ、初先発初勝利をマーク。1年目からローテーションの一員になることを予感させる投球を見せてくれた。しかし、その後はプロの壁にぶつかり、3連敗を喫し1年目はこの1勝に終わっている。

また、ドラフト3位の床田寛樹選手は1勝をマークしたものの、4月に左ヒジを故障し離脱してしまう。わずか3試合の登板に終わってしまった。

高卒組で唯一となる一軍デビューを果たしたのが坂倉将吾選手だ。シーズン終盤に一軍昇格すると初安打、初打点をマーク。その後のファーム日本選手権でも本塁打を放つなど来シーズン以降の活躍に期待がかかる。

1位:加藤拓也選手(慶大、投手)
7試合/1勝3敗/防御率4.30

2位:高橋昂也選手(花咲徳栄、投手)
※一軍出場なし

3位:床田寛樹選手(中部学院大、投手)
3試合/1勝1敗/防御率5.19

4位:坂倉将吾選手(日大三、捕手)
3試合/打率.250/0本/2打点

5位:アドゥワ誠選手(松山聖陵、投手)
※一軍出場なし

6位:長井良太選手(つくば秀英、投手)
※一軍出場なし

阪神タイガースの新人選手たち

2016年ドラフトで唯一、ハズレではなく純粋な1位指名として野手に入札した阪神タイガース。
その1位入団を果たした大山悠輔選手は、開幕から二軍で体力作りを敢行。6月中旬に一軍昇格を果たすと、4番を任される試合もあるほど信頼を得る活躍を見せた。虎のミスターになってほしい、との期待から背負っている背番号「3」に恥じない成績を残したと言えるだろう。

ドラフト2位の小野泰己選手は7連敗を喫するなど勝ち星に恵まれなかったが、終盤戦で勝ち星を挙げると連勝した。来シーズンは貯金を作りたいところだ。

5位指名の糸原健斗選手はユーティリティープレーヤーとして活躍した。残念ながら故障離脱となったが、その器用さはチームの大きな武器となりそうだ。

1位:大山悠輔選手(白鴎大、内野手)
75試合/打率.237/7本/38打点

2位:小野泰己選手(富士大、投手)
15試合/2勝7敗/防御率4.35

3位:才木浩人選手(須磨翔風、投手)
2試合/0勝0敗1H/防御率0.00

4位:浜地真澄選手(福岡大大濠、投手)
※一軍出場なし

5位:糸原健選手斗(JX-ENEOS、内野手)
66試合/打率.259/1本/24打点

6位:福永春吾選手(四国IL・徳島、投手)
1試合/0勝0敗/防御率11.25

7位:長坂拳弥選手(東北福祉大、捕手)
1試合/打率.000/0本/0点

8位:藤谷洸介選手(パナソニック、投手)
※一軍出場なし

おすすめの記事