「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1960年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 11/10 12:24cut
baseball player
このエントリーをはてなブックマークに追加

1965年:第1回ドラフトは入団拒否が多数

記念すべき第1回のドラフト会議は1965年11月17日に行われた。それまでは各球団による自由競争の上で選手獲得を行っていた。しかし、戦力の均衡を保つこと、契約金の高騰に歯止めを掛けるべく、ドラフト会議が始まったのだ。
アメリカのメジャーリーグも同年に始まっている。そのために日本が参考にしたのはMLBではなくアメリカンフットボールのプロリーグであるNFLだった。

その第1回は堀内恒夫選手(巨人)、長池徳二選手(阪急)といった選手が1位で指名され入団を果たしている。
下位で指名された選手には谷沢健一選手(阪急4位)、江本孟紀選手(西鉄4位)、竹之内雅史選手(大洋9位)、島谷金二選手(サンケイ9位)らがいた。しかし、これら後に活躍した選手はいずれも入団を拒否している。

当時はプロ野球の地位が低かったこともあり、多くの選手が入団拒否を行っていたことがわかる結果となっている。

※サンケイは現・東京ヤクルト

1966年:ミラクル宇部商を率いた玉国監督がプロから指名も拒否

2回目のドラフトとなった1966年。この年は1次ドラフト、2次ドラフトと2度の会議が行われている。これは国体に出場する選手とそれ以外の選手で分けたためである。2000年代に行われた高校生ドラフト、大学生・社会人ドラフトの分離方式に近いものがあった。

この年の上位指名では江夏豊選手が目玉となっている。大阪学院大学高校の江夏選手は阪神タイガース、読売ジャイアンツ、東映フライヤーズ、阪急ブレーブスと4球団が競合。抽選の末に阪神が交渉権を獲得し入団に至っている。
江夏選手はルーキーイヤーから12勝(13敗)、防御率2.74、225奪三振の成績を残し最多奪三振のタイトルを獲得。2年目には2017年終了時点でもプロ野球記録となっている401奪三振を達成するなど、球史に残る投手となった。

この年の下位指名からは武上四郎選手(サンケイ8位)が入団後に結果を残している。1年目からレギュラーを獲得すると打率.299、3本塁打、27打点の成績で新人王を獲得。
それ以降のタイトル獲得、表彰はないが9年間の現役生活で891安打を放っている。引退後には指導者としても活躍。1984年には異例となるMLBのコーチに就任。ワールドシリーズのベンチにも入っている。

また、プロ入りを拒否しているが玉国光男選手(西鉄9位)も指名を受けた。のちに玉国選手は母校の宇部商業高校(山口県)を率い監督として甲子園に出場。『ミラクル宇部商』の異名を取るほどの劇的な勝利を数多く生んでいる。プロ入りだけが野球人としての成功ではないと言うことを教えてくれた。

おすすめの記事