「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドラフト入団拒否の歴史を振り返る

2017 11/10 12:24cut
baseball player
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラフト開始当時は多発した入団拒否

戦力の均衡を目的として1965年にはじまったドラフト会議。その開始直後は現在と違い、多くの指名を受けたものの入団拒否をする選手は多かった。

2016年ドラフト会議では、履正社高校の山口裕次郎選手が北海道日本ハムファイターズの6位指名を拒否。社会人野球へと進んだことが話題となったが、その他の選手は全員プロ入りを果たしている。
このように、近年は指名を受けた場合ほぼ入団に至るのが普通となっている。その背景には、選手の希望などを事前にスカウトが調査し、あまりにも希望が強い場合は指名を行わないなど各球団によってリスク回避を行っているからだ。

今後も1年で5人、10人と入団拒否がでることはなさそうである。

後のスター選手も経験している入団拒否

ドラフトの歴史を紐解くと多くの選手が入団拒否を行っている。名球会入りを果たしている選手でも入団拒否は多い。
平松政次選手(1965年中日4位拒否)、谷沢健一選手(1965年阪急4位拒否)、山田久志選手(1967年西鉄11位拒否)、門田博光選手(1968年阪急12位拒否)らが有名なところだ。また、現役選手では福留孝介選手(1995年近鉄1位)が入団拒否を行っている。

プロ野球史上最多の入団拒否は、4回となっており藤沢公也選手が記録保持者だ。
1969年(ロッテ3位)、1971年(ヤクルト11位)、1973年(近鉄4位)、1976年(日本ハム2位)と4回の指名を拒否し、1977年の中日1位指名でようやく入団を果たすことになる。今後、この記録が破られることはないだろう。

入団拒否をしたがアマチュア球界の指導者として活躍した人物もいる。1975年ドラフトで阪神から2位指名を受けた松下電器の鍛治舎巧選手だ。
鍛治舎選手は阪神の指名を拒否し松下電器に残留。その後、アマチュア日本代表のコーチ、ボーイズリーグのオール枚方ボーイズの監督として成果を挙げている。
また、秀岳館高校の監督を2017年夏の甲子園まで3年間務め甲子園ベスト4の実績を残した。入団拒否を行いプロ入りをしなかったが、大きく花開いた成功例と言えるだろう。

おすすめの記事