「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

何度ケガしても蘇る!劣化を知らない荻野貴司の走力

2017 11/10 12:24Mimu
千葉マリンスタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 redlegsfan21

度重なる足のケガを乗り越えてきた荻野貴司

何度ケガをしても、必ずグラウンドへ帰ってくる。荻野貴司とは、本当に不死鳥のような男だ。
毎年のように足のケガで離脱を経験しながらも、一時たりとも全力で走ることを止めなかった。2017年シーズンで通算150盗塁も達成し、成功率も高い。さすがに以前よりもスピードは衰えてきたが、高い技術力によって、いまだにトップレベルの走力を保っている。
まだまだ、第一線で戦っていくことが出来る選手だ。今回は荻野の足の凄さ、そしてこれまで乗り越えてきたケガについて紹介していく。

荻野の走力はチームに勢いをもたらす

荻野の走力がチームに与える影響は非常に大きい。今シーズンはチーム状況が悪い中、荻野自身も打撃の調子が上がってこず、6月に2軍へ降格。だが8月に1軍に昇格してくると、そこからは打ちに打ちまくる。降格前は.191の打率しか残せなかったが、昇格後には.322。

だが特筆すべきはやはり盗塁数だろう。今シーズンのロッテの盗塁数は78個なのだが、荻野が8月に昇格してくるまではたったの26個しか記録していなかった。荻野自身も4月29日に1つ記録しただけである。

しかし、荻野復帰後はなんと52盗塁と倍増。荻野自身も25盗塁を記録した。それに比例するように、チームの勝ち数も増えていく。8月までは29勝61敗だったのが、復帰後2か月だけで25勝26敗とほぼ5割に。
特に9月・10月は15勝11敗と、シーズン初の月間勝ち越しを記録した。荻野の存在、そして荻野の走力というのは、それだけチームにとって大きいということだろう。

おすすめの記事