「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017年ドラフト】未来のドラフトでプロ入りを目指したい!涙の指名漏れ選手たち

2017 11/8 15:40mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

上位指名も予想された九産大・草場選手が指名漏れとなった大学生

今回のドラフト会議において、大きな驚きだったのが草場亮太選手(九州産業大)の指名漏れだ。
事前の予想では上位指名候補にも挙がっていたが、どこの球団も手を挙げることはせず無念のとなった。社会人野球の日本生命入りが内定しており、社会人野球で実力をつけ2年後を目指す。

常総学院高校時代に、内田靖人選手(現・楽天)とバッテリーを組んでいた飯田晴海選手(東洋大)も指名漏れ。東洋大入学後に肩を痛めたもののすでに復帰し、今春のリーグ戦ではベストナイン、最優秀投手、MVPも受賞したが無念の結果となった。
その他にも宮川哲選手(上武大)、笠松悠哉選手(立教大)、小久保気選手(四国学院大)らが選出されなかった。

【大学生・主な指名漏れ選手】
<投手>
草場亮太選手(九州産業大)
飯田晴海選手(東洋大)
宮川哲選手(上武大)
小久保気選手(四国学院大)
<内野手>
笠松悠哉選手(立教大)
諸見里匠選手(國學院大)
望月涼太選手(九州共立大)
<外野手>
内海大寿選手(中部学院大)
佐藤デシャーン広之選手(横浜商科大)

社会人はJX-ENEOSからふたりが涙

齋藤俊介選手(DeNA4位)、塩見泰隆選手(ヤクルト4位)、若林晃弘選手(巨人6位)と3人が指名されたJX-ENEOS。
その一方で柏原史陽選手、谷田成吾選手の二人が涙をのむ結果になった。とくに谷田選手は、慶応大学在籍中だった2015年ドラフト時にも、横尾俊建選手(現・日本ハム)と山本泰寛選手(現・巨人)という二人のチームメートを見送っている。この悔しさをバネに来年にリベンジとなるだろうか。

広陵高校から早稲田大学と一流の道を歩み、JR東日本でプレーしていた丸子達也選手も指名漏れだった。一塁手という守備がネックとなっているのだろうか。
その他にも前野幹博選手(ヤマハ)、都市対抗野球においてノーヒットノーランを達成した阿部良亮選手(日本通運)らも涙し、1年後を目指すことになる。

【社会人・主な指名漏れ選手】
<投手>
柏原史陽選手(JX-ENEOS)
阿部良亮選手(日本通運)
<内野手>
丸子達也選手(JR東日本)
前野幹博選手(ヤマハ)
<外野手>
谷田成吾選手(JX-ENEOS)

おすすめの記事