「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レジェンド山本昌選手の代名詞!?スクリューを投げる投手は誰がいる?

2017 10/13 11:07cut
野球ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nattapol Sritongcom/shutterstock.com

山本昌選手が引退したことにより、使い手が数えるほどになってしまったスクリュー。 シンカーと同じような変化を見せるため、混同されやすい球種でもある。 今回はそんなスクリューの使い手を紹介する。

シンカーとの違いに困惑するスクリューとは?

スクリューは利き腕の逆側に沈み込む変化を見せ、シンカーと同じような分類をされている。違いはシンカーがすぐに沈み込むのに対し、スクリューは浮き上がってから沈み込む変化となる部分だ。メジャーリーグではスクリューとシンカーは同義とされることが多く、球速が遅いとチェンジアップに分類されることもある。
同じような変化を見せるため、左投手がスクリュー、右投手がシンカーという認識もあるが、実際には異なっているのだ。同じ球種であるなら右投手、左投手で名前を変える必要がないからだ。

球界のレジェンド山本昌選手

2015年に現役を引退した球界のレジェンドこと中日ドラゴンズの山本昌選手。1984年のプロ入りから2015年まで現役で活躍し、さまざまな最年長記録を樹立してきた。その山本選手がプロで活躍できるようになったきっかけがスクリューの習得だった。
1988年にロサンゼルス・ドジャースへ交換留学生として派遣された山本選手は、スクリューを習得する。スクリューを教えたのは投手ではなくチームメートの野手だった。その無名の野手のおかげで、山本選手はレジェンドにまで上り詰めたのだ。
その後、1年間の留学予定を早めに切り上げて中日に戻ると、シーズン後半に5勝を挙げる活躍。これはスクリューによるものが大きく、相性が良かったと後に山本選手も語っている。

おすすめの記事