「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

伝統の変化球!カーブを投げる投手は誰がいる?

2017 10/13 11:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dora modly-paris/shutterstock.com

プロ野球ファンでなくても一度は耳にしたことがあるであろう変化球の「カーブ」。 球速もなく球筋も独特なことから、テレビ中継などでもわかりやすい変化球の1つでもある。 そんなカーブを操る選手には誰がいるのだろうか。

緩急をつけるカーブ

アマチュア時代に投手を経験する選手のほとんどが、一番最初に教わると言っても過言ではない変化球がカーブだ。カーブはボールの縫い目に指をかけて抜くように投げ、利き手と逆方向に大きく曲がる。ストレートのように腕を強く振り抜かないため疲労感が少ないものの、球速も出ないことから、緩急をつけるために使われることが多い。
カウントをとるために投げることが多いカーブだが、決め球として使う選手もいる。メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースのエースであるクレイトン・カーショー選手は、決め球として使うことでも有名だ。

武田翔太選手のカーブは二度曲がる!?

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表にも選ばれた福岡ソフトバンクホークスの武田翔太選手。140キロ台のストレート、スライダーそして大きく曲がるカーブが武田選手の大きな特徴だ。ストレートとの球速差が25キロほどあり、その緩急そして変化量で打者はタイミングを外される。
武田選手と初めて対戦した打者は、そのカーブに驚く。「武田選手のカーブは二度曲がる」と言われるほどの変化を見せているのだ。そして驚きなのは、カーブにも複数の投げ方、変化を持っており、その時々によって投げ分けていることだ。武田選手にはこの複数のカーブを武器にチームを引っ張ってくれることに期待だ。

おすすめの記事