「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なんと人口10万人当たりのプロ野球選手数全国一は沖縄県!驚きの事実

2017 10/13 11:07tomon
沖縄県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

沖縄県の高校の硬式野球部は強豪ぞろいで有名で、プロ野球選手も多く輩出している。それもそのはず!人口10万人当たりのプロ野球選手数では全国で1位なのだ。 年中通して温暖な気候が野球には向いているのだろう。 ここでは、その中でも特に注目されている選手を5名紹介する。

走塁と守備に定評あり!ヤクルトスワローズの比屋根渉選手

比屋根渉選手は、沖縄県島尻郡東風平町出身の外野手だ。沖縄尚学高校時代は、3年の春夏で甲子園に連続出場し、中堅手のレギュラーとして活躍した。その後は城西大学へ進学し、1番打者として首位打者やベストナインなど数々の賞を獲得、最高打率は4年の秋に.421を記録する快挙だった。
その後、日本製紙の石巻野球部に所属し、1年目から中堅手としてレギュラー出場し、都市対抗野球大会のチーム初出場やJABA東京スポニチ大会でのベスト4に貢献して一躍注目選手となった。

そして、2012年にドラフト3位でヤクルトスワローズに入団した。その年は主に代走として出場して11盗塁を記録したが、翌年からは調子に波があり、1番バッターとしての出場が増えたものの、定着には至っていない。

将来のエース候補。読売ジャイアンツの宮國椋丞選手

宮國椋丞選手は、沖縄県糸満市出身の投手だ。兄の影響で小学1年より野球を始め、中学では軟式野球部に所属していた。糸満高校に進学し、沖縄県の1年生大会ではチームの7年ぶりの優勝に貢献すると2年からはエースとして活躍するが、甲子園出場経験はない。
そして、2011年にドラフト2位で読売ジャイアンツに入団した。2012年は開幕から1軍でローテーション入りし、初登板初勝利や初完投、初完封勝利を挙げた。しかし、その後は思うような結果が出せず、2015年には中継ぎに転向して39試合に登板した。

おすすめの記事