「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

注目選手大公開!鹿児島県出身のプロ野球選手を一挙ご紹介します!

2017 10/13 11:07tomon
鹿児島県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

注目の2017年プロ野球がついに開幕した。ゲームが行われた翌日の新聞が楽しみだ。 そこで、選手を出身都道府県別に分けると、人口10万人当たりでは鹿児島県をはじめ九州勢が上位を占めている。 ここではその中でも5名に絞って紹介する。

「TEAM マエケン」のメンバー。広島東洋カープの中﨑翔太選手

中﨑翔太選手は、曽於郡財部町出身の投手。小中学生では軟式野球チームに所属してプレーしていた。日南学園高校では2年秋にはエースとして登板して宮崎県大会で優勝、3年春には準優勝を達成した。

そして、2011年にドラフト6位で広島東洋カープに入団した。その後、2012年にプロ初先発、翌年には初勝利を収め、セットアッパーや抑えとして活躍し、2015年には20セーブを挙げた。それは永川勝浩選手以来6年ぶりとなる快挙だった。
2016年は主力リリーフ投手としてチームの優勝に貢献し、2度の胴上げ投手を経験している。また、前田健太選手率いる『TEAM マエケン』のメンバーで他3選手と合同自主トレを行ったこともある。

チームのキャプテン。阪神タイガースの福留孝介選手

福留孝介選手は、曽於郡大崎町出身の外野手。小学3年よりソフトボールを始め、全国大会に出場経験があり、中学でも軟式野球のクラブチームに所属して全国制覇を果たしている。その後、PL学園へ進み、1年秋から主砲として活躍し、高校No.1スラッガーとして注目を浴びていた。
卒業後は日本生命に入社し、史上最年少でアトランタオリンピックに出場して銀メダル獲得に貢献している。

そして、1999年にドラフト1位で念願の中日ドラゴンズに入団したのだ。その後は、クリーンナップの座に定着するなどコンスタントな活躍を見せ、2008年から2012年まではメジャーリーグでプレーした。そして、2013年の帰国後は阪神タイガースに所属し、2015年は打率.281、20本塁打、2016年は打率.311、11本塁打と好成績を残している。2017年もベテランとしての活躍が期待できそうだ。

おすすめの記事