「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

宮崎県を盛り上げろ!宮崎県出身の現役プロ野球選手5名を一挙ご紹介

2017 10/13 11:07tomon
宮崎県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

2017年のペナントレースが始まり、徐々に盛り上がりを見せてきたプロ野球。 どのチームが優勝するか楽しみだ。また、どの選手が活躍するか、都道府県別の傾向はあるのだろうか? ここでは、宮崎県出身の選手5名を取り上げてみた。

笑顔がセールスポイント。福岡ソフトバンクホークスの武田翔太選手

武田翔太選手は、宮崎市出身の投手。小学生の時にソフトボールを始め、中学生の時に軟式野球に転向して県大会で優勝した。その頃すでに142kmを記録するほどの剛腕投手で、宮崎日大高校時代には「九州のダルビッシュ」と呼ばれ注目を浴びるほどの活躍ぶりだった。
その後、2012年に福岡ソフトバンクホークスに1位指名されて入団した。この年の7月にはプロ入り初登板初勝利を果たし、次々に高卒新人としての記録を更新して最終的には8勝1敗、防御率1.07で優秀新人賞として特別表彰を受けている。
2015年はチームの日本一に貢献し、2016年は自己最多の14勝を挙げるなど、今では福岡ソフトバンクホークスのエースだ。

バンザイ投法。中日ドラゴンズの浜田智博選手

浜田智博選手も宮崎市出身の投手だ。宮崎工業高校時代には3年で春のセンバツ大会に出場し、2安打完封勝利を挙げるなどの活躍ぶりだった。九州産業大学時代には、3年の春に無安打無得点試合を達成し、4年春の全日本大学野球選手権大会ではベスト8、秋には明治神宮野球大会出場も経験した。
2015年、ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団した。その年の4月に1軍登録され、プロ初登板を経験したが、ほとんど2軍で過ごし、思うような結果は残せなかった。2017年度からは育成選手として契約更新されたが、独自の変則フォームである「バンザイ投法」で本来の力を発揮できることを期待したい。

おすすめの記事