「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役でバリバリ活躍する長崎県出身のプロ野球選手5名

2017 10/13 11:07tomon
長崎県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

待ちに待った2017年のプロ野球がついに開幕した。今季はどの選手が活躍するか楽しみだ。 ヒーローインタビューでは、よく方言が使われている。どこの出身者なのか気になったことはないだろうか? ここでは、47都道府県のうち長崎県出身者を5名ピックアップした。

プロ野球界のカピパラ兄弟の一人。広島東洋カープの今村猛選手

今村猛選手は、佐世保市出身の投手。小学3年で一塁手として野球を始め、後に投手、遊撃、三塁手として活躍した。清峰高校へ進学後は、2年の夏と春に甲子園へ出場して長崎県勢で初の全国制覇を達成した。

そして、2010年にドラフト1位で広島東洋カープに入団した。プロ入り後の2011年には球団最年少セーブを挙げ、2012年には第3回WBC日本代表選手に選ばれるなど、コンスタントな活躍を見せている。2016年には67試合に登板して、ジェイ・ジャクソン投手や中崎翔太投手と共に中継ぎとしてチームの優勝に大きく貢献した。また、大瀬良大地選手と共にカピパラ兄弟と呼ばれている。

空手が得意。阪神タイガースの江越大賀選手

江越大賀選手は、長崎県南島原市出身の外野手だ。小学2年でソフトボールを始め、中学から軟式野球部に所属し、高校は海星高校へ進学したが甲子園の出場はなかった。その後、駒澤大学へ進学し、外野手部門では3度のベストナイン、3年では日米大学野球の日本代表選手、4年では13年ぶりの駒澤大学の優勝に貢献するなどの活躍を成し遂げている。

そして、2015年にドラフト3位で阪神タイガースへ入団した。その年は新人ながら1軍に登録され、チームでは田淵幸一氏に次ぐ2番目の早さでプロ初本塁打を放った。翌年の2016年には4試合連続本塁打を記録したが、その後調子を崩して不調のまま終わってしまった。

おすすめの記事