「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外とたくさんいる!熊本県出身の現役プロ野球選手

2017 10/13 11:07tomon
熊本県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

2017年のプロ野球が開幕して盛り上がりを見せてきた。はたしてどの選手が活躍するのか楽しみだ。 さて、選手といえば、都道府県でどこの出身なのか興味深い。 ここでは、熊本県にターゲットを絞って現役プロ野球選手を一挙に5名紹介していく。

かつての「アライバ」コンビ。中日ドラゴンズの荒木雅博選手選手

荒木雅博選手は、菊池郡菊陽町の出身だ。菊陽町は熊本県の中部に位置し、熊本市のベッドタウンとして人口が急上昇して活気づいている町で、ニンジンの生産が盛んだ。
そんな自然にあふれた町で育った荒木選手は、1977年9月13日生まれ、身長180cm、体重74㎏の均等のとれた体格の持ち主だ。出身高校は熊本工業高校で、春のセンバツに2回出場経験がある。

その後、1995年ドラフト1位で中日ドラゴンズへ入団した。中日では、現在読売ジャイアンツの井端弘和コーチと名二遊間コンビと高く評価され「アライバ」と呼ばれていた。2016年には高木守道氏の369盗塁を抜く370盗塁を記録し、球団新記録を達成した。

最速152km/h!横浜DeNAベイスターズの高崎健太郎選手

高崎健太郎選手は、上益城郡甲佐町の出身だ。甲佐町は熊本県の中心部に位置し、夏から秋にかけてアユの友釣りでにぎわいを見せる。

そんなのどかな町で育った高崎選手は、身長176cm、体重82kgとがっちりとした体格の持ち主だ。小学3年で野球を始めた高崎選手は、鎮西高校へ進学し、「九州のドクターK」と呼ばれるほど他校から恐れられていた。その後、日産自動車で社会人野球を経験し、2007年にドラフド希望枠で横浜DeNAベイスターズに入団した。
ベイスターズ入団後、イースタンリーグでは最多勝投手に選ばれるなどの成績を残したが、1軍では2012年に開幕投手を務めた他は思うような成績を残せず、2016年はケガで登板がなかった。2017年は最速152km/hの復活を願うばかりだ。

おすすめの記事