「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

少数精鋭、佐賀県出身のプロ野球選手と監督について

2017 10/13 11:07ryo_o
佐賀県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

佐賀県出身の現役プロ野球選手・監督の数は決して多くはない。 しかし、2人の現役監督に加え、巨人の長野久義選手やロッテの高濱卓也選手など、ドラフト1位で指名されている選手が活躍している。 そんな少数精鋭の佐賀県出身のプロ野球選手を見てみよう。

悲劇のドラフト1位、高濱卓也選手

高濱卓也選手は弟の高濱祐仁選手もともにプロ入りしている。 佐賀県内の中学校でプレーしていた当初は、県内の高校への進学を希望していたが、名将・渡辺元智監督率いる横浜高校への進学を最終的には決断する。
横浜高校ではスター街道を歩み、1年生の時からショートのレギュラーの座を不動のものとし、後にプロ入りする福田永将選手、佐藤賢治選手といった1学年上の先輩と共に、2年春には選抜大会優勝を経験している。

2007年、中田翔選手のはずれ1位で阪神タイガースに入団し、将来を嘱望されるが、ひざのけがとの戦いが続き、中々芽が出なかった。
3年目の2011年にキャンプから結果を残し、1軍に帯同する。鳥谷敬選手の後継者と目されたが、その年千葉ロッテからFA宣言していた小林宏投手がメジャーリーグ挑戦を探り、阪神球団もその結果を待って獲得に乗り出したため、異例のキャンプ中の人的補償、ということで千葉ロッテマリーンズに移籍した。
その時のロッカーで泣いたストーリー等は数多くニュースで取り上げられた。
現在は一軍には定着しているものの、そのポテンシャルからすれば、更なる活躍が待ち望まれる選手といえるだろう。

巨人の主力長野久義選手

長野選手は、筑陽学園を卒業するまで地元の佐賀県ですごした。甲子園出場経験はないものの、高校卒業時にもプロ入りの誘いを受けるほど、そのポテンシャルは注目されていた選手だ。
日本大学へ進学後、4年生の時に急成長を遂げ、春・夏連続で打率4割以上を記録して首位打者となり、打撃だけではなく、俊足・強肩も買われ、一躍プロ注目の選手になった。

この年、北海道日本ハムからドラフト4位指名を受けるが、兼ねてより、読売巨人軍入りを希望していたこともあり、プロ入りを拒否する。
社会人のホンダに進むが、2年後のドラフトでも思いは叶わず、千葉ロッテに2位指名され、これも入団を拒否する。
社会人3年目には、巨人が早い段階で1位指名を公表したこともあり、ようやく念願かなっての巨人入りが果たされる。 その後、守備でも評価を高め、打撃部門のタイトル獲得はないものの、巨人軍の主力として活躍している。

おすすめの記事