「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ベテランでもまだまだ頑張る大分県出身の現役のプロ野球選手

2017 10/13 11:07ryo_o
大分県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

大分県出身のプロ野球選手には、今宮健太選手や山口俊投手など、働き盛りの選手もいるが、内川聖一選手、安藤優也投手といったいわゆるベテラン世代もまだまだ中心選手として頑張っている。若手からベテラン世代まで現役で頑張る大分県出身のプロ野球選手をみてみよう。

2017年のWBC日本代表、内川聖一選手の横浜時代まで

内川選手は、NPBにおける右打者の最高打率保持者であり、史上二人目の両リーグでの首位打者を獲得した選手だ。
内川選手は高校時代、大分工業高校で甲子園には出場できなかったものの、横浜ベイスターズ(現・DeNAベイスターズ)から2000年のドラフト1位で指名されている。

入団時は強打の内野手として期待され、主に2塁主として活躍し、2004年にレギュラーの座をつかんでいる。 その後、2007年からはチーム事情と自身の守備難を理由に外野手に転向し、2008年には首位打者、最多安打、最高出塁率のタイトルも獲得し、2009年のWBC日本代表として優勝に貢献した。

内川選手のソフトバンク時代

現在内川選手は福岡ソフトバンクホークスに所属している。 2010年のシーズン後、FA宣言を行い、広島とソフトバンクが獲得に名乗りをあげたが、戦前から九州出身の内川選手の獲得についてはソフトバンクの方が有利だろうとささやかれていた通り、福岡ソフトバンクホークスに入団する。
入団翌年の2011年には早速首位打者のタイトルを獲得し、MVPにも輝いた。
その後も常勝ソフトバンクホークスの主力として最多安打やベストナインを獲得し、2017年は最年長選手としてWBCに参加している。

おすすめの記事