「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡県出身の現役プロ野球選手にはどんな選手が?

2017 10/13 11:07ryo_o
福岡県
このエントリーをはてなブックマークに追加

6球団指名の実力は・・・

西武の大石達也投手も福岡大大濠高校出身であり、福岡県出身だ。
大石投手は、早稲田大学時代に、斎藤佑樹投手、福井優投手と3本柱を結成し、4年時にはその3人が同時にドラフト1位指名された。

大石投手は150km/hを軽々超えるストレートを武器に先発も抑えもできるピッチャーとして6大学野球を代表する選手だった。
大石投手には実に6球団が1巡目で入札し、一番最後にくじを引いた埼玉西武の渡辺久信現SDが見事当たりくじを引き、西武に入団している。
入団後故障が続き、中々実力を発揮できてはいないが、素質は確かだから、今後の活躍が期待される。

2015年覚醒、若松駿太投手

無名の存在から一躍2015年シーズンに二けた勝利を挙げて注目されたのが中日ドラゴンズの若松投手だ。 高校時代は、福岡県内の祐誠高校で2年生からエースとして活躍していたが、最後の夏も県大会2回戦で敗戦する等、全国的には無名の選手だった。
しかし、中日が2012年のドラフトで7位指名し(実際に、中日以外からの調査はなかったそうだ。)、冒頭に記したように、2桁勝利も達成する等、今後の活躍も見込まれている選手だ。

メジャーから日本ハムに復帰、田中賢介選手

現在北海道日本ハムファイターズに所属する田中賢介選手も福岡県出身だ。 上記した村田修一選手は東福岡高校の先輩に当たり、2年春夏・3年夏と甲子園に出場している。2年春には3回戦で松坂大輔投手を擁する横浜高校に3安打完封負けを喫している。

1999年のドラフトでは2位指名で3球団が競合し、日本ハムに入団した。
入団後、1軍出場は早かったもののレギュラー定着とはいかず、守備が改善された2007年からはレギュラーに定着し、北海道に移転した日本ハムの顔として活躍した。
その後2012年にFA権を行使し、メジャー移籍後、2015年からは再び日本ハムに復帰している。 2015年シーズンには後輩の中島卓也選手と共に2塁主としてベストナインに輝いた。

まとめ

福岡出身の選手には各球団のスター選手から、特に福岡ソフトバンクホークスには若手の選手も数多く在籍している。 意外なことに調べてみると主力にまで成長している選手はソフトバンク以外にも多くいた。中田選手や内川選手のように、今後恩返しを兼ねて福岡に復帰する選手も続くかもしれない。

おすすめの記事