「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡県出身の現役プロ野球選手にはどんな選手が?

2017 10/13 11:07ryo_o
福岡県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

福岡県には福岡ソフトバンクホークスがある。 実際に現役の選手でもホークスに所属している福岡県出身の選手が少なくない。 現役でなくても故・仰木彬氏や新庄剛氏等著名な数多くの選手が福岡出身だ。 現役選手についてもみてみよう。

福岡ソフトバンクホークスにはやはり多くの選手が在籍。

福岡ソフトバンクホークスといえば、福岡県のみならず、九州全土に熱狂的なファンを持つ球団だ。
2016年は惜しくも北海道日本ハムに奇跡の大逆転を許し、優勝を逃してしまったが、3軍制を敷き、圧倒的な戦力を持っており、2017年のペナントレースでも優勝候補筆頭に挙げられている。
そのソフトバンクには本多選手や中田投手等の1軍選手の他、牧原選手など将来を嘱望されている選手など全部で7人の福岡県出身選手が在籍している。

共に巨人軍に在籍、村田修一選手、杉内俊哉投手

村田選手は横浜(現・横浜DeNA)から、杉内投手は福岡ソフトバンクから、共にFAで巨人に移籍した選手だ。
二人ともかつてはタイトルホルダーであり、また、WBC日本代表として活躍した松坂世代の選手であり、知名度・実績で言えば、現役の福岡県出身の選手としては抜きんでているといえる。

もっとも、村田選手は現在はマギー選手にサードのレギュラーを奪われ、杉内投手は股関節の怪我に苦しめられるなど、中々納得のいく活躍ができていない。同世代では引退する選手も増えてきてしまったが、なんとか意地を見せてほしいところだ。

おすすめの記事