藤川球児投手ら高知県出身のプロ野球選手紹介!|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

藤川球児投手ら高知県出身のプロ野球選手紹介!


高知県

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

プロ野球人気は四国地方では根強く、日本で最初の独立リーグ、四国アイランドリーグができている。 高知県にも、高知ファイティング・ドッグスがあり、2017年は元メジャーリーガーのマニー・ラミレス選手の入団で注目を集めた。そんな高知県出身のプロ野球選手を紹介する。

高知県出身のプロ野球選手

高知県出身のプロ野球は、現役選手では藤川球児投手(阪神)を筆頭に、レギュラー獲りも期待されている木下拓哉捕手(中日)、新天地で花を咲かせたい公文克彦投手(北海道日本ハム)、1軍定着を目指す若手の和田恋選手(巨人)といった面々がいる。
藤川投手以外は1軍で中々お目にかかることのできない選手が多いといえるが、OBには解説者としても活躍する江本孟紀氏や侍ジャパンの投手コーチを務めた鹿取義隆氏等、そうそうたるメンツが顔を揃えている。

未完の大器と言われた藤川球児投手

今回の記事では、現役選手でずば抜けた実績・人気を持つ藤川球児投手(阪神)をクローズアップしてみる。
藤川投手はいわゆる松坂世代の投手で、高知商業高校在籍時に甲子園にお兄さんと兄弟で出場したことも話題になった。

阪神からドラフト1位指名を受けるが、当時の阪神はドラフトで逃げ戦略を打つことで知られ、松坂投手に入札せず、藤川投手に入札したことはファンの間で大きな話題になった。
今でこそ、阪神の顔といえる藤川投手だが、入団当初はケガも多く、松坂投手が派手な活躍を見せる一方、藤川投手はファンからもメディアからも「未完の大器」とされていた。

JFKへ

2002年、星野仙一氏が監督に就任すると、藤川投手は先発投手として多くのチャンスを与えられることになる。名前にあやかって背番号を「92」としたことからもファンの間で親しまれる選手ではあったが、中々結果には結びつかなかった。

転機は2004年にけがで二軍にいたときのことだった。山口高志・中西清起両コーチの助言でフォームを変更し、中継ぎとして起用されるようになると、後に「火の玉ストレート」と呼ばれる球界屈指のストレートを武器に1軍に定着する。
2005年には、ジェフ・ウィリアムス投手、久保田智之投手とともにJFKと後に呼ばれるリリーフトリオを結成し、阪神をリーグ優勝に導いた。

メジャーリーグへ

その後も藤川投手は、セットアッパー・抑えとして、不動の地位を築く。
オールスターで予告ストレートで三振を取るなど、火の玉ストレートを武器に、阪神にとってはなくてはならない選手に成長した。2012年には投手キャプテンにも選任されている。
2005年・2006年には最優秀中継ぎ、2007年・2011年には最多セーブを獲得したが、2005年以降、優勝を手にすることはできなかった。
2012年オフにメジャーリーグ挑戦を表明しFA権を行使して、シカゴカブスへ移籍したが、ここでトミー・ジョン手術を経験。メジャーリーグ挑戦は満足のいく結果のでないまま幕を閉じている。

独立リーグ経由の阪神復帰

2015年にレンジャーズを解雇された後、日本復帰が取りざたされるようになった。
NPBでは古巣の阪神が真っ先に手をあげていたようだが、藤川投手本人は「地元の子供たちに夢を与えたい。」との理由で、自身の出身地である高知で野球人生の再出発を図ることを決め、四国アイランドリーグの高知ファイティンドッグスに入団した。

半年間、高知に所属した後、かつてのチームメイトであった金本監督が就任した古巣・阪神へと復帰し、2016年は腕への負担を考えて先発を任された時期もあったが、2017年シーズンは再び、リリーフの柱としての活躍を期待されている。

まとめ

高知出身のプロ野球選手の中で、藤川球児投手はヒーローだろう。 阪神ファンなら球児が登場するあの音楽・あの雰囲気は一度味わうと忘れられるものではない。 これからも阪神の屋台骨としての活躍を期待したいところだ。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!