「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

藤川球児投手ら高知県出身のプロ野球選手紹介!

2017 10/13 11:07ryo_o
高知県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

プロ野球人気は四国地方では根強く、日本で最初の独立リーグ、四国アイランドリーグができている。 高知県にも、高知ファイティング・ドッグスがあり、2017年は元メジャーリーガーのマニー・ラミレス選手の入団で注目を集めた。そんな高知県出身のプロ野球選手を紹介する。

高知県出身のプロ野球選手

高知県出身のプロ野球は、現役選手では藤川球児投手(阪神)を筆頭に、レギュラー獲りも期待されている木下拓哉捕手(中日)、新天地で花を咲かせたい公文克彦投手(北海道日本ハム)、1軍定着を目指す若手の和田恋選手(巨人)といった面々がいる。
藤川投手以外は1軍で中々お目にかかることのできない選手が多いといえるが、OBには解説者としても活躍する江本孟紀氏や侍ジャパンの投手コーチを務めた鹿取義隆氏等、そうそうたるメンツが顔を揃えている。

未完の大器と言われた藤川球児投手

今回の記事では、現役選手でずば抜けた実績・人気を持つ藤川球児投手(阪神)をクローズアップしてみる。
藤川投手はいわゆる松坂世代の投手で、高知商業高校在籍時に甲子園にお兄さんと兄弟で出場したことも話題になった。

阪神からドラフト1位指名を受けるが、当時の阪神はドラフトで逃げ戦略を打つことで知られ、松坂投手に入札せず、藤川投手に入札したことはファンの間で大きな話題になった。
今でこそ、阪神の顔といえる藤川投手だが、入団当初はケガも多く、松坂投手が派手な活躍を見せる一方、藤川投手はファンからもメディアからも「未完の大器」とされていた。

おすすめの記事