「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「阿波の国」徳島県出身の現役プロ野球選手5選

2017 10/13 11:07sachi
徳島県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

四国東部に位置する徳島県。三大盆踊りに数えられる阿波踊りや、鳴門海峡に架けられた大鳴門橋、吉野川などが有名な地域だ。高校野球では徳島商や池田高、鳴門渦潮などが名門として知られている。 そんな徳島県が生んだ現役のプロ野球選手たちを特集してお届けする。

強豪ソフトバンクの頼れるセットアッパー、森唯斗投手

福岡ソフトバンクホークスで、昨季3年連続となる55試合以上の登板を果たした森唯斗投手。海部郡海陽町の出身で、野球は小学1年から始めた。海部高校時代は全国大会の出場歴もなく、救援投手だったこともあり全国的に知られる存在ではなかったようだ。
高校を卒業後は三菱自動車倉敷オーシャンズに入部して実力を磨いていき、2013年のドラフト会議でソフトバンクの指名を受けた。
プロ入り初年度の5月には1軍に登録され、上々の投球内容で早くも首脳陣の信頼を勝ち取る。夏場以降は勝ちパターンでのリリーフで救援を重ね、58試合登板20ホールドという堂々の成績を収めた。
2015年~16年も安定したピッチングで実績を重ね、シーズンオフにジャイアンツへ移籍した森福允彦投手に代わるリリーフの柱として期待されている。

入籍を果たし心機一転!2017年の飛躍に燃える美間優槻選手

鳴門市出身の美間優槻選手は、広島カープで将来を嘱望される若手内野手だ。幼少期から兄についていく形で野球に励み、進学した鳴門工業ではエースで4番バッターという主軸の存在だった。3年時は鳴門第一高との統合で新設された鳴門渦潮高の中心として県大会決勝まで進んだが、甲子園出場は叶っていない。

2012年のプロ野球ドラフトでカープが指名、長打を含む打撃面が評価され、投手ではなく内野手として入団した。
初年度の2013年から昨季までは、守備の強化という目的もあり2軍を主戦場としてきた。しかし、2017年は1軍定着に燃えている。元旦に入籍をして「一家の主」となった美間選手の活躍が注目される。

おすすめの記事