「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

香川県出身の輝けるプロ野球選手たち

2017 10/13 11:07sachi
香川県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

瀬戸内海に面した四国の北東に位置する香川県。「うどん県」の愛称で有名だが、うどん以外にも豊かな自然で育まれた海の幸やフルーツ類、オリーブ、讃岐牛など、食の名産地でもある。 この記事では、そんな美食に囲まれて育った現役のプロ野球選手と、野球殿堂入りを果たした名手たちを紹介する。

侍ジャパン選出歴もある左腕のセットアッパー、松永昂大投手

香川県さぬき市出身の松永昂大投手は、2017年に千葉ロッテマリーンズで5年目を迎えたセットアッパーだ。小学3年生から野球を始め、中学時にはエースとして県大会を優勝している。高松商の在学時は、丸亀城西高や尽誠学園、寒川高などと県大会の代表を争ったが、甲子園出場はならなかった。
その後、関西国際大学、大阪ガスと進路をとり野球部で活躍。2012年のプロ野球ドラフトでマリーンズが指名権を得て入団となった。
プロ選手として初年度となる2013年から1軍で活躍、そのオフには台湾で開催された国際試合に日本代表として選出された実績がある。2014年には故障離脱もあったが、左投げのセットアッパーとしてチームの信頼を勝ち取っている。

心機一転で今シーズンを戦うタイガースの先発候補、秋山拓巳投手

阪神タイガースに所属する秋山拓巳投手は丸亀市出身。小学校入学直後から地元の少年団で野球を始めたが、3年生の時に愛媛県西条市へ転居した。引っ越し先の西条市でも野球を続け、小中学で全国区の活躍を見せていた。西条高時代はエースで4番という役割を担い、春と夏に1度ずつ甲子園出場を果たしている。
2009年のプロ野球選手ドラフトでタイガースから指名を受け入団、初年度となる2010年は8月に1軍で登板すると、チームとして24年振りとなる無四球完封勝利など計4勝を挙げた。
しかしそれ以降は好不調の波が激しく、2軍では好成績を残すも1軍では出場機会が限られるシーズンが続いた。2017年からは背番号を27から46に変更、心機一転を図ってシーズンに望んでいる。

おすすめの記事