「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「長州」「西京」の国、山口県出身の現役プロ野球選手

2017 10/13 11:07sachi
山口県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

本州の最西端に位置する山口県。横浜DeNAベイスターズの前身球団発祥の地(下関市)であり、広島カープの2軍練習場(岩国市)があるなど、野球にもゆかりのある地域だ。高校野球では宇部鴻城高や宇部商、下関商などが強豪として知られている。 そんな山口県出身の現役プロ野球選手を5人を紹介する。

山口から九州、そして北海道へ!期待の若手、清水優心選手

北海道日本ハムファイターズで今季3年目を迎えた清水優心選手は、山口県大島郡周防大島町の出身。188cm85kgの大型捕手で打撃も魅力的な清水選手だが、少年時代はソフトボールをしていた。中学生になって野球を始めると、進学した九州国際大学付属高校で主将で4番を務め、夏の甲子園にも出場している。

2014年のプロ野球ドラフトでファイターズが2位指名、背番号10が用意されるなど期待の入団となった。 プロ入り初年度の6月に行われた「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」にNPB選抜の一員として出場。1軍戦では10月に捕手として初先発した。
2016年も2軍戦の出場が主だったが、7月のフレッシュオールスターゲームに出場し好成績をあげている。1軍戦では9月の千葉ロッテマリーンズ戦マルチヒットを放ち、徐々に真価を発揮し始めた。

入団3年目の飛躍に燃える、下関出身の宮崎敦次投手

千葉ロッテマリーンズに所属する宮崎敦次投手も、清水選手同様ソフトボールからの転身組だ。下関市出身の宮崎投手が野球を始めたのは中学の部活動から。また、ピッチャーを始めたのは進学した下関国際高の野球部からと遅いスタートになっている。
それでも、広島国際学院大学時代には広島六大学野球リーグの最優秀選手賞に輝くまでに成長、マリーンズのドラフト指名を勝ち取った。

プロ入り初年度の2015年から1軍キャンプに帯同、オープン戦で登板機会を得るが内容が悪く2軍へ降格した。2016年は9月になって1軍で登板、1回を三者凡退に抑え成長をアピールした。
小柄ながら切れのある直球と多彩な変化球を操る宮崎投手。今季の飛躍のチャンスを虎視眈々と狙っている。

おすすめの記事