「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「安芸国」広島県出身の現役プロ野球選手5選

2017 10/13 11:07sachi
広島県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

中国地方で最大の都市を持ち、瀬戸内海の絶景と歴史ある史跡に出会える広島県。高校野球の強豪が名を連ね、地元球団である広島カープが存在することもあり、広島県出身のプロ野球選手は現役に限っても30名以上となっている。 その中から厳選して5名のプレーヤーにフォーカスしていく。

不惑を迎えた「広島愛」の男、新井貴浩選手

40歳で迎えた今季も広島カープの主軸を担うのが、広島市出身の新井貴浩選手だ。県立広島工業高時代は甲子園出場歴がなく、駒澤大時代の活躍から同大の先輩である野村謙二郎氏(当時は広島カープの選手)の推薦を受けカープがドラフト指名、入団に至ったという経緯がある。
持ち前の打撃力とひたむきさで初年度からペナントレースに53試合出場、それ以降も着実に出場数を増やしていき、4年目の2002年には全試合出場とオールスターにも選出される中心選手となった。

2007年のシーズン終了後、挑戦してみたいとの理由でFA権を行使し阪神タイガースへ移籍。タイガースでも主力として7年間プレーした。 2015年には愛し続けたカープへの復帰を果たし、ニューヨークヤンキースから復帰した黒田博樹投手とともに2016年のセ・リーグ優勝に貢献した。

侍ジャパンの主軸!全盛期に更なる飛躍を期す中田翔選手

北海道日本ハムファイターズで活躍する中田翔選手も広島市の出身だ。学生時代はエースで4番、中学生世代の日本代表でも中心選手として君臨する全国区の存在だった。
大阪桐蔭高時代は通算で87本塁打、投手としては最速151㎞を投げ込むも、肩の故障から野手に専念するようになった。

プロ野球ドラフトでは4球団競合の末ファイターズが交渉権を獲得、大きな期待を受けて入団。しかし、1軍で実績を残し始めたのは4年目の2011年と、ケガによる離脱を含めても時間をかけた育成が行われてきた。
その育成方針と本人の努力により、現在のファイターズにおける不動の4番、そして侍ジャパンの主軸として出色の活躍を見せている。年齢的にも今が全盛期。更なる貢献を目指して2017年シーズンを戦っている。

おすすめの記事