「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

兵庫県出身の現役プロ野球選手だけで侍ジャパンができそう!

2017 10/13 11:07出井章博
兵庫県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

兵庫県は野球の盛んな地域の1つで、ボーイズリーグや高校野球でも強豪チームがひしめいている。それもあり、兵庫県出身の現役プロ野球選手は実力者ぞろい。侍ジャパンのメンバーができてしまいそうなぐらい豪華な顔ぶれだ。そこで今回は、兵庫県出身選手の中から、折り紙付きの実力者、そして今後の侍ジャパン入りもあり得る選手を紹介する。

侍ジャパンのエースに!田中将大選手

最初にあげるのは、田中将大選手だ。田中選手は兵庫県伊丹市の1988年11月1日生まれ。小中学時代は主にキャッチャーだった。
高校は野球留学で北海道の駒大苫小牧高校に進学すると、2年生の夏の甲子園優勝投手となった。3年生の夏には、現北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手との決勝での投げ合いが話題になった。

2006年のドラフトで楽天からドラフト1位指名され、入団。プロ1年目から活躍し、「マー君、神の子、不思議な子」と名将野村克也監督に言わしめた。2011年には19勝、2013年には24勝で最多勝を取っている。2014年からメジャーリーグのニューヨークヤンキースに入団。3年連続二けた勝利をあげている。

打てるショート!坂本勇人選手

田中将大選手と小学校時代にバッテリーを組んでいたのが、読売ジャイアンツの坂本勇人選手だ。小学校時代は坂本選手がピッチャーで田中選手がキャッチャーだった。兵庫県伊丹市出身で、1988年12月14日生まれ。高校は青森県の光星学院高校に野球留学している。
2006年のドラフトで読売ジャイアンツがはずれ1位で獲得。プロ2年目で開幕スタメンをつかむと、それ以後読売ジャイアンツの中心選手として活躍している。坂本選手は打てるショートとして知られ、2016年には.344で首位打者を獲得している。

おすすめの記事