「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

和歌山県出身の現役プロ野球選手といえば彼ら!

2017 10/13 11:07フェデ
和歌山県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

和歌山県出身の現役プロ野球選手。 一気に日本の4番打者に成長したハマの大砲や、端正な顔立ちで女性からの人気も高い選手など、才能あふれる選手たちが数多くいることをご存じだろうか。 彼らのこれまでの記録をたどることで、プロ野球をより楽しむことができるだろう。

ハマの大砲・筒香嘉智選手

和歌山県橋本市出身の筒香嘉智選手。中学時代からその打撃センスによりホームランを量産。世界大会にも出場した。横浜高校に進学し、1年生から4番に座り、長打力でチームを引っ張っていく。
2009年のドラフト会議では、横浜ベイスターズから1位指名となり入団。2014年シーズンからホームランも出るようになり、この年は22本塁打を記録。2015年シーズンも24本と、その長打力を発揮し始めていく。
2016年にはWBCの日本代表に選出されたほか、ホームラン40本、100打点をたたき出し、自身初となる本塁打王と打点王を獲得。2017年のWBC本番では日本代表の4番バッターとしてその長打力を発揮した。開花したその才能が、今後どこまで伸びていくのか楽しみな選手だ。

ヤクルトの安打製造機・川端慎吾選手

中学時代は投手としてチームを引っ張り、私立和歌山商校へ進学。2005年のドラフト3位で東京ヤクルトスワローズに入団し、翌年の10月に1軍デビューを果たす。
2015年シーズンにこれまでの積み重ねが結果として表れ、セリーグトップの196安打を記録するとともに、首位打者も獲得するなど大暴れ。山田哲人選手とともにチームを牽引し、チームの優勝に大きく貢献した。
2016年にはWBC日本代表メンバーにも選出され、また、リーグでは3年連続で打率3割を記録するなど、好調を維持している。

おすすめの記事