「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大阪府出身の現役プロ野球選手の足跡をたどる!

2017 10/13 11:07フェデ
大阪府
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

ここでは、大阪府出身のプロ野球選手を紹介する。 大阪桐蔭高校やPL学園高校など、強豪校が多いこの地区で活躍し、プロ野球選手となった選手も数多くいる。 中でも現在大活躍している選手たちを見ていこう。

浪速のダルビッシュ・藤波晋太郎投手

大阪府堺市南区出身の藤波晋太郎選手。小学生から野球を始めた藤波選手は、当時からピッチャーとして活躍。中学生時代にはなんと最速142km/hを記録するなど、その剛速球は大阪府にとどまらず、全国にも知られるほどだった。中学卒業後は大阪桐蔭高校へと進学。3年生ではセンバツと夏の甲子園に出場し、見事春夏連覇を達成。甲子園では決勝史上最速の151km/hや14奪三振といった記録もマークする。

2012年のドラフト会議では、4球団からの1位指名を受ける中、抽選で阪神タイガースに入団。2013年シーズン開幕の3戦目に先発マウンドに上がり好投。オールスターまで6勝を挙げる大活躍を見せる。
オールスターゲームにも選ばれ、見事2イニングを抑える活躍。年間10勝を挙げた。新人王には小川泰弘投手が選出されたが、その活躍ぶりが認められ、新人特別賞を受賞する。2年目以降もその剛速球と高速スライダーを武器に活躍を続けている。

活躍の舞台を日本から米国へ!前田健太投手

大阪府忠岡町出身のマエケンこと前田健太投手。小中学校時代は西日本大会優勝などのタイトルを獲得。PL学園高校に進学し、1年生時から投手として活躍する。ライバルに大阪桐蔭高校があり、平田良介選手や辻内崇伸選手、中田翔選手らとのし烈な戦いが府大会から行われていた。

3年の春の選抜では見事ベスト4まで勝ち残っている。2006年ドラフト会議で広島東洋カープから1位指名を受けて入団。2008年にプロ初勝利を挙げると先発ローテーションの一角に。2010年には自身初の開幕投手を務め、見事勝利を手にするとオールスターにも出場。
この年の活躍は目を見張るものがあり、最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振と史上最年少での投手3冠を達成するほか、投手としては最高の名誉である沢村賞も受賞した。
以降、広島で2015年までプレーし、2016年シーズンからロサンゼルス・ドジャースに入団。活躍の舞台を海外に移している。

おすすめの記事