「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

奈良県出身の現役プロ野球選手の活躍を紹介!

2017 10/13 11:07フェデ
奈良県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

ここでは、奈良県出身の現役プロ野球選手を紹介する。 幼少時代を奈良で過ごし、野球の世界に飛び込み、高校卒業後はそれぞれの道を歩んでいった選手たち。プロ野球の世界に飛び込み、その才能をさらに開花させていく。 彼らの活躍の足跡をこれから見ていこう。

ソニックの名で親しまれる久保康友選手

奈良県の橿原(かしはら)市出身の久保投手。関西大学第一高校時代は、3年時に選抜に出場。松坂大輔率いる横浜高校に敗れるも準優勝を果たしている。高校卒業後は松下電器に入社して社会人野球で活躍。2004年のドラフト会議の自由獲得枠ながら千葉ロッテマリーンズに入団する。

翌2005年にはプロ初先発でなんと初完封、初勝利を挙げると、見事新人王に輝く。2006年には開幕投手を努め、2008年まで活躍。2009年には阪神タイガースへ移籍。そして2014年には横浜DeNAに入団。2014年シーズンから先発ローテーションの一角を担い、現在も活躍中だ。

強肩とシャープなバッィング・亀井義行選手

奈良県大和郡山市出身の亀井選手。少年野球時代はエースピッチャーとして全国大会にも出場。日本代表にも選出され、見事世界大会で優勝を成し遂げる。上宮太子高校3年生時には、選抜で甲子園に出場。
高校卒業後は中央大学へ進学し、大学から内野手に転向する。東都大学リーグでも通算100安打を記録するなど活躍を見せ、日米大学野球、世界大学選手権大会の日本代表の一員となっている。

2004年のドラフトで読売ジャイアンツから4位指名を受けて入団。2008年シーズンから一軍でプレーする機会が増え、翌2009年にはWBCにも出場。この年にはゴールデングラブ賞も獲得した。その後は故障もあり、規定打席に達していない年もあるが、今なお活躍を続けている。

おすすめの記事