「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・パリーグを沸かせている、三重県出身の現役プロ野球選手を紹介!

2017 10/13 11:07フェデ
三重県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

セリーグ、パリーグを問わず、活躍している三重県出身の現役プロ野球選手を紹介する。 チームの中でもしのぎを削りながら、レギュラーの座を守るためみんなが必死だ。 では、どんな選手がいて、どのような足跡を残してきたのか見ていこう。

読売ジャイアンツの貴重なサウスポー高木勇人投手

三重県出身プロ野球選手として、まず名前が挙がる一人が読売ジャイアンツ高木勇人投手だ。
高木投手は、海星高校時代も投手としてチームを牽引し、2年生の秋に県大会を優勝を経験。その後は三菱重工名古屋で7年間活躍する。都市対抗戦にも6回出場するなど、プロの球団の目にとまり、2014年のドラフト会議では、見事読売ジャイアンツから3位指名を受けて入団を果たす。
2015年、対横浜戦で6回2失点と好投し、見事に初勝利を手にする。2016年は25試合の登板にとどまったが、2017年シーズンでも先発ローテーションを期待されている。

読売ジャイアンツの長距離砲!中井大介選手

中井大介選手は、宇治山田高校で1年生からレギュラーを獲得。遊撃手からスタートしたが、その野球センスの良さから投手、右翼手とさまざまなポジションでプレーする。
中でも3年の夏に出場を果たした甲子園では、140km/hの速球を武器に投手として活躍した。打者としても高校通算28本塁打をマークするなど、その打撃センスにも光るものがあった。

2007年のドラフト会議で3位指名を受けた読売ジャイアンツに入団。入団後は主にイースタンリーグに出場し、フレッシュオールスターでも4番を任せられるなど大活躍。
その後は1軍でのプレー機会も少しずつ増やし、2013年の日本シリーズ第5戦でも7番ファーストで先発出場する。年々出場機会を増やし、レギュラー定着を目指して奮闘中だ。

おすすめの記事