「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

結束力はナンバーワン!滋賀県出身の現役プロ野球選手5選

2017 10/13 11:07mikky
滋賀県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

滋賀県には近江高や滋賀学園といった甲子園の常連校があるが、滋賀出身のプロ野球選手はと聞かれると知らない方も多いのではないだろうか。 今回はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも出場した有名選手から若手まで5人のプロ野球選手を紹介する。

WBCで活躍したソフトバンクの強打者、松田宣浩選手

「実力のパ・リーグ」において屈指の強豪として知られる福岡ソフトバンクホークス。その中軸を担い、勝負強い打撃でWBCでも活躍した松田宣浩選手は、実は滋賀県草津市出身だ。ひげとパーマがかった野武士のような風貌で、ホームランなどを決めるとガッツポーズとともに「熱男!」と叫ぶ姿が印象的だ。
高校は野球の名門である岐阜の中京高、大学は亜細亜大と滋賀に強い縁はないが、2016年に発足したプロ野球滋賀県人会の会長も務めている。滋賀の子供たちに野球教室や授業などを通じて夢を与える活動に奔走する姿は「熱男」そのものだ。

楽天投手陣の柱に成長した則本昂大選手

WBCで活躍した東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大投手は、県東部にある多賀町の出身だ。八幡商高では甲子園の出場は叶わなかったが、進学先の三重中京大(旧・松阪大学)では県リーグで無敗(33勝)を誇り、全日本大学選手権では1回戦(対大阪体育大)で20奪三振を記録する力投で特別賞に選ばれる活躍を見せた。

2012年にドラフト2位で入団した楽天では、新人ながら開幕投手を務め、「平成の怪物」松坂大輔投手に並ぶ15勝をマーク。その後も2016年まで4年連続開幕投手を務めるなど、楽天の象徴的存在とも言える選手だ。ルーキーイヤーの2013年には滋賀県民スポーツ大賞を受賞。プロ野球滋賀県人会では副会長を務めている。

おすすめの記事