「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

イチローから千賀まで!愛知出身県の現役プロ野球選手5選

2017 10/13 11:07mikky
愛知県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

愛知県はプロ野球の中日ドラゴンズが名古屋市に本拠を置くなど、野球が大変盛んな地域だ。 愛工大名電や東邦などさまざまな名門校があり、多くのプロ選手を輩出している。 今回は言わずと知れた「レジェンド」から最近の注目株まで愛知県出身の名選手を5人紹介する。

まだまだ現役!愛知県が生んだ至宝イチロー選手

愛知が生んだ野球選手といえば豊山町出身の外野手、イチロー選手だろう。類まれなバットコントールと俊足、レーザービームと言われる強肩での捕殺はメジャー屈指。愛工大名電時代の3年間の通算打率は5割を超え、1991年にドラフト4位指名されたオリックスでは「振り子打法」で大ブレーク、95年のリーグ優勝にも貢献した。

2000年の渡米後もマリナーズでMLBシーズン最多安打(262本)、ヤンキース移籍を経てマーリンズではMLB通算3000安打を達成するなど、次々と記録を塗り替え、43歳(2017年4月時点)でも今なお活躍を続けるレジェンドだ。毎年秋から年末にかけて地元では「イチロー杯」が行われ、少年野球チームが憧れの対面を目指してしのぎを削っている。

WBCで世界を驚かせたフォーク!ソフトバンクの千賀滉大選手

2017年に行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、準決勝でアメリカに惜敗した日本。激戦の中で4試合に登板して通算防御率0.82の好成績を収め、大会優秀選手にも選ばれたのが、プロ野球のソフトバンクで活躍する千賀滉大投手だ。

蒲郡市出身の千賀選手は、蒲郡高校では無名だったが、2010年に育成ドラフト4巡目でソフトバンクに入団。12年に支配下登録、13年に開幕一軍と育成ながらも成長を見せ、一時は右肩痛に悩まされながらも選手層の厚いソフトバンクでセットアッパーから先発の座を勝ち取った。
急速150キロ台後半のストレートと落差の大きい「お化けフォーク」、スライダーと幅広い配球が武器だ。

おすすめの記事