「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

粒ぞろいの奮闘を見せる福井県出身の現役プロ野球選手5選

2017 10/13 11:07mikky
福井県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

福井県の野球といえば、甲子園の常連として知られる敦賀気比や福井商業などが有名だが、県出身のプロ野球選手というと思い浮かばない方もいるだろう。 今回は数少ないながらも粒ぞろいの逸材の、福井県出身の現役プロ野球選手を紹介する。

福井商業が誇る「北陸のイチロー」天谷宗一郎選手

福井商業高時代は巧打と俊足から通称「北陸のイチロー」と呼ばれていたのが、広島東洋カープの天谷宗一郎選手(鯖江市出身)。2年時に夏、3年時には春夏と3期連続で甲子園に出場した。
2001年ドラフトで9位と下位指名ながらも、入団当初は俊足を生かして2年目から2年連続でウエスタンリーグの盗塁王を獲得し、2000年代後半になると打撃と守備が飛躍的に成長したことで1軍レギュラーに定着。打撃に加えて持ち前の選球眼の良さから、出塁率では多くのシーズンで3割を超えている。

中日、阪神の中継ぎで活躍する高橋聡文選手

高浜町出身の投手、高橋聡文選手は、2001年ドラフトで8位指名を受けて入団した中日ドラゴンズでは長く中継ぎを経験。FA移籍で2016年から阪神タイガースで活躍している。
高校は地元ではなく富山県の高岡一高へ進学し、2年時に春の甲子園を経験。プロでは速球を中心とした配球で、中日のセットアッパーとしての地位を築いてリーグ優勝に貢献する一方、好不調の波が激しいことでも知られている。
実家は和菓子店で、明治時代から続く老舗として地元に愛されている。

おすすめの記事