「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と多い石川県出身の現役プロ野球選手

2017 10/13 11:07おおたき
石川県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

石川県には甲子園出場の常連校もあり、多くのプロ野球選手が誕生している。大リーグで活躍した松井秀喜選手も石川県の出身選手だ。今回は、その中からプロ野球選手として現役で活躍している選手を見るほか、強豪校出身の4選手にフォーカスを当てる。

石川県出身の現役選手をすべて紹介

石川県出身の現役プロ野球選手を全員まとめて紹介する。

読売ジャイアンツ・北篤選手
東京ヤクルトスワローズ・谷内亮太選手
東京ヤクルトスワローズ・大松尚逸選手
中日ドラゴンズ・京田陽太選手
福岡ソフトバンクホークス・山下亜文選手
千葉ロッテマリーンズ・岩下大輝選手
千葉ロッテマリーンズ・角中勝也選手
埼玉西武ライオンズ・田中靖洋選手
オリックス・バファローズ・山﨑 颯一郎選手
東北楽天ゴールデンイーグルス・釜田佳直選手
東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明選手
以上の12人だ。
石川県には甲子園出場の常連校である星稜高校や金沢高校があるため、過去にも多くのプロ野球選手を輩出している。

松井秀喜選手を輩出した星稜高校出身の現役プロ野球選手(1)

島内宏明選手は、石川県小松市出身。御幸中学校の時には全小松ボーイズに所属していた。星稜高校へ進学すると、2年生の時にキャプテンを任された。3年生の夏には一番ファーストとして甲子園出場を果たしている。
高校卒業後は明治大学に進学。1年生の秋から六大学リーグ戦に出場した。もともとはプロ野球選手になることは考えていなかったが、監督らの勧めや4年生の時の自らの活躍によってプロを志望することになる。 2011年に東北楽天ゴールデンイーグルスからドラフト6位指名を受けて入団した。

おすすめの記事