「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

富山県出身の現役プロ野球選手を一挙公開!

2017 10/13 11:07おおたき
富山県
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校3年生から投手の東京ヤクルトスワローズ中澤雅人選手

中澤選手は、小学校2年生の時に新庄少年野球クラブに入り、3年生から投手となった。富山県立富山商業高等学校では、3年生の夏に県大会で優勝し、甲子園出場を果たしたが、惜しくも初戦で敗退している。
多くの球団からプロ入りを希望されていたが、中澤選手は進学希望で中央大学に進んだ。大学卒業の時には指名がかからず、トヨタ自動車に入社。2009年に東京ヤクルトスワローズからドラフト1位指名を受けて晴れてプロとなった。
トヨタ自動車からヤクルトに入団したのは、古田敦也選手以来2人目。2010年の新人では一番の勝ち星を挙げた。ちなみに、中澤選手の父親も高校球児だった。

野球をやめようと思っていた千葉ロッテマリーンズ石川歩選手

石川選手は、本江小学校で3年生から本江スポーツ少年団で野球を始め、西部中学校では軟式野球部に所属した。富山県立滑川高等学校に進学して硬式野球部に入部し、3年生夏にはエースとしてチームを引っ張り、3試合の先発を任されたが、惜しくも甲子園出場は果たせなかった。
石川選手本人は高校で野球をやめるつもりでいたが、周囲からの勧めで中部大学に進み、野球を続けた。卒業後はプロ志望届は出さず、東京ガスに入社。
その後、読売ジャイアンツと千葉ロッテマリーンズから1位指名を受け、千葉ロッテマリーンズの選手となった。

まとめ

富山県からは現在も6人もの現役プロ野球選手が活躍をしている。 それぞれ小学校から野球を始めて、ずっと野球を続けてプロ野球選手になっている。 諦めずに頑張れば夢が叶うことを、選手に教えてもらった気がする。

おすすめの記事