「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

富山県出身の現役プロ野球選手を一挙公開!

2017 10/13 11:07おおたき
富山県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

富山県出身の現役プロ野球選手は実は意外と多い。 富山県には甲子園優勝校がないものの、数多くの名選手をプロ野球に輩出している。 今回はドラフト上位指名を受けた3選手を詳しく紹介する。

富山県出身の現役プロ野球選手は?

小矢部市出身・帝京第三高卒の東京ヤクルトスワローズ荒木貴裕選手
富山市出身・富山県立富山商業高卒の東京ヤクルトスワローズ中澤雅人選手
魚津市出身・富山県立滑川高卒の千葉ロッテマリーンズ石川歩選手
高岡市出身・富山県立新湊高卒の千葉ロッテマリーンズ西野勇士選手
中新川郡舟橋村出身・富山第一高卒の福岡ソフトバンクホークス幸山一大選手
黒部市出身・星稜高卒の北海道日本ハムファイターズ森山恵佑選手
以上の6人が富山県出身の現役選手だ。

ヤクルトとロッテに2人、ソフトバンク、日本ハムに1人ずついるので、交流戦だけでなくペナントレースでの対戦も楽しみだ。

色々なポジションができる東京ヤクルトスワローズ荒木貴裕選手

荒木選手は小学校2年生の時に津沢小学校のスポーツ少年団に入団。遊撃手兼投手というポジションから野球を始めた。津沢中学校に進学後は高岡シニアに所属して、全国大会にも出場を果たしている。
山梨県の帝京第三高等学校に進学し、1年生の秋から遊撃手としてレギュラーを獲得。県大会でベスト4の成績を残している。その後、近畿大学に進むと、2年生の時には遊撃手としてレギュラーを務め、2009年に東京ヤクルトスワローズにドラフト3位指名を受けた。
2011年に富山で行われたフレッシュオールスターではMVPを獲得している。

おすすめの記事