「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

長野県出身の現役プロ野球選手をすべて紹介!

2017 10/13 11:07おおたき
長野県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

最近ではプロ野球の試合が長野県で行われる機会が増えてきた。 そんな長野県出身で現役のプロ野球選手は何人いるか知っているだろうか? 意外と知られていない長野県出身の選手について詳しく紹介する。

長野県出身の現役プロ野球選手は?

現在、長野県出身のプロ野球選手は4人。2016年には5人だったが、2016年9月に中日ドラゴンズの川井雄太選手が引退したため、2017年現在は4人となっている。

更埴市出身・長野県松代高等学校卒の東北楽天ゴールデンイーグルス聖澤諒選手
松本市出身・長野県松本工業高等学校卒の横浜DeNAベイスターズ柿田裕太選手
上田市出身・上田西高等学校卒の埼玉西武ライオンズ藤澤亨明選手
松本市出身・松本第一高等学校卒の横浜DeNAベイスターズ百瀬大騎選手
の4人だ。

それぞれ地元の高校に進んで野球の技術を磨き、プロ野球選手になった。

塁に出ると盗塁が楽しみな東北楽天ゴールデンイーグルス聖澤諒選手

聖澤選手は小学校2年生の時に森スポーツ少年団に入団して野球を始めた。中学に進学後は軟式野球部に所属し、投手で4番だった。長野県松代高等学校に進学すると、1年生の春からベンチ入りを果たし、2年生の夏には長野県大会で3回戦まで駒を進め、3年生には遊撃手で4番を務めた。

國學院大學に進学すると硬式野球部に所属。2年生の春からはレギュラで活躍をした。のちにプロでチームメイトとなる嶋基宏選手の後を引き継いでキャプテンも務めている。
2007年に東北楽天ゴールデンイーグルスからドラフト4位指名を受け、プロ野球選手となった。

おすすめの記事