「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役プロ野球選手、あの選手も静岡出身だった?

2017 10/13 11:07おおたき
静岡県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

静岡県からも多くのプロ野球選手が誕生している。 意外と静岡出身とは知られていないかもしれないが、現役で活躍している選手もいる。 今回は現役に限って静岡県出身のプロ野球選手たちを紹介していく。 あなたの知っている選手が、実は静岡県出身かもしれない。

現役の静岡県出身のプロ野球選手

こちらでは現役のプロ野球選手の中で静岡県出身者をすべて紹介する。

焼津市出身・静清工業高等学校卒の埼玉西武ライオンズ牧田和久選手
焼津市出身・静岡県立静岡高等学校卒の北海道日本ハムファイターズ増井浩俊選手
駿東郡清水町出身・横浜高等学校卒の横浜DeNAベイスターズ石川雄洋選手
沼津市出身・常葉学園橘高等学校卒の広島東洋カープ庄司隼人選手
焼津市出身・東海大学付属相模高等学校卒のオリックスバッファローズ川端崇義選手
以上の5人だ。

石川選手と川端選手以外は高校時代も静岡で過ごしている。

一軍で大活躍の埼玉西武ライオンズ牧田和久選手

牧田選手は焼津市立小川中学校から静清工業高等学校に進学した。
1年の秋に監督からの指示によりアンダースローに転向している。独特の地面すれすれから放たれるアンダースローが誕生したのはこの時だった。
平均球速約128km/hと球は早い方ではないが、投球テンポが早いのと、強弱のあるフォームで打者をうまく翻弄する。右打ちで登録されているが、高校時代にはスイッチヒッターであり、左でも何度か打っている。

おすすめの記事