「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【セ・リーグ】2017年シーズンにブレイクした選手は誰だ!?

2017 10/13 10:05cut
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

先発転向から快進撃!薮田和樹選手

2016年シーズン優勝を飾った広島東洋カープ。その投手陣を支えていた黒田博樹選手が現役を引退。また、沢村賞を受賞したジョンソン投手も不調で二軍調整が長引いていた。さらには、リリーフ陣も守護神の中崎翔太選手が4月上旬から故障で離脱するなど、決して万全な体制ではなかった。

その状況を救ったのが藪田和樹選手だ。藪田選手は中継ぎとして開幕を迎えたが、5月下旬の交流戦から先発へ転向する。すると、先発転向後に6連勝(中継ぎ時含め7連勝)を達成し、ローテーション投手の一角を担うようになる。

2014年ドラフト2位で亜細亜大学から入団し、昨シーズンまでわずか4勝だった薮田選手が3年目でブレイクを果たしたのだ。亜細亜大学時代にリーグ戦での登板はわずかに2試合。ドラフト2位で名前が読み上げられたときも、場内がどよめき完全に「隠し玉」としての指名だった。

序盤が中継ぎ起用だったこともあり、規定投球回に届くかは微妙な状況ではある。しかし、4番を務める鈴木誠也選手が故障離脱したために年間を通して活躍している、薮田選手にMVPのチャンスも巡ってきそうだ。

山田哲人選手と同じ1992年生まれ世代の薮田選手。この世代の先発投手は日本代表の千賀滉大選手(ソフトバンク)、開幕投手も務めた有原航平選手(日本ハム)らがいる。今シーズン開幕前は彼らに差をつけられていたが、今は違う。リーグ優勝、日本一を勝ち取り、世代ナンバーワン投手の座を勝ち取りたい。

三塁の定位置奪取!藤井亮太選手

今シーズンの春季キャンプで、正三塁手の川端慎吾選手が離脱した東京ヤクルトスワローズ。開幕戦のスタメンは西浦直亨選手だった。しかし、打撃不振もありスタメンに定着することはできず、谷内亮太選手・荒木貴裕選手らが起用された。
しかし、彼らもスタメン起用に応えることはできず、最終的に正三塁手のポジションを奪ったのは藤井亮太選手だった。

藤井選手は2013年ドラフト6位で社会人野球のシティライト岡山からヤクルトへ入団。捕手登録でありながら、2016年シーズンまで外野手での起用が最も多かったユーティリティープレーヤーだ。
その藤井選手が三塁手に抜擢されるとレギュラーを獲得。打撃面では、ここまで打率.259(259打数67安打)、2本塁打、12打点とキャリア最高の成績を残している。また、守備でも多くの好プレーを魅せチームを救ってきた。

後半戦にリベロ選手が加入したために、併用される形を取る試合もあるがほぼレギュラーを獲得したと言ってもいいだろう。川端選手を始め畠山和洋選手、雄平選手ら主力選手が故障で離脱。さらには、山田哲人選手も不調のなかで藤井選手のブレイクはチームにとって明るい話題だ。

川端選手がケガから復帰するであろう2018年シーズンは、レギュラー争いを演じた上で定位置確保を狙いたい。

※成績は9月10日終了時点

おすすめの記事