「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年高校野球界で注目したい野手たち

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

清宮選手から受け継いだ早実の主将!野村大樹選手

氏名:野村大樹(のむら・だいじゅ)
所属:早稲田実業学校(東京都)
学年;2年
経歴:大阪福島シニア
投打:右投右打
ポジション:内野手

清宮幸太郎選手の話題で持ちきりだったここ3年間の早稲田実業学校。その清宮選手から主将を受け継いだのが、野村大樹選手だ。
1年時から清宮選手の後を打つ4番打者をまかせれ、秋季大会では打率.459(37打数17安打)、4本塁打、18打点を記録。日大三高との決勝戦ではドラフト候補の櫻井周斗選手から、サヨナラ本塁打を放ち存在感を発揮した。
このような勝負強さを兼ね備えた4番打者である野村選手がいたからこそ、清宮選手が勝負された側面もある。野村選手の存在が、より清宮選手を輝かせていたのだ。

今春のセンバツでは打率.556(9打数5安打)と全国の舞台で実力を発揮。次世代のスター候補として取り上げられている。172センチ・82キロと身体は大きくないが、すでに高校通算40本塁打を放つなどパワーはある。清宮選手と比較される立場ではあるが、そのプレッシャーに負けず飛躍を期待したい。

2年生ながら日本代表入り!藤原恭大選手

氏名:藤原恭大(ふじわら・きょうた)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年;2年
経歴:枚方ボーイズ
投打:左投左打
ポジション:外野手

2年生ながら強豪・大阪桐蔭高校でレギュラーを務める藤原恭大選手。今春夏の甲子園に連続出場したが8試合で打率.189(37打数7安打)、2本塁打、2打点と絶不調だった。しかし、夏の大阪府予選では打率.455(33打数15安打)、3本塁打、11打点の実績を残しておりポテンシャルはある。

夏の大会後のU-18野球ワールドカップ日本代表にも2年生ながら選ばれた。木製バットで打率.333(36打数12安打)と結果を残している。181センチ・80キロとすらっとした体型の藤原選手。
50メートル走5秒台の俊足、そしてパワー、逆方向に打てる技術を兼ね備えておりプロからも注目されている。将来的にはパワーヒッターではなく、アベレージ型のリードオフマンとなりそうな存在だ。

おすすめの記事