2017年ドラフト候補選手レビュー~社会人野手編~|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~社会人野手編~


兄に続け!2016年ベストナイン獲得の田中俊太選手

氏名:田中俊太(たなか・しゅんた)
所属:日立製作所
経歴:東海大相模高校→東海大学
投打:右投左打
ポジション:内野手(二塁)

広島の田中広輔選手を兄に持つ田中俊太選手。東海大相模高校時代は1年時からレギュラーを獲得。2年春から3季連続で甲子園出場を果たしている。
2年夏の甲子園では背番号「14」ながらも3番・二塁手としてスタメン出場。打率.222(18打数4安打)と今ひとつの内容だったものの準優勝に輝いた。3年春は打率.429(21打数9安打)と結果を残し優勝を成し遂げている。

その後、兄と同じように東海大へ進学した田中選手は2年秋にレギュラーを掴むと5季連続打率.300をマーク。3度のベストナインを獲得した。4年時にはプロ志望届を提出したが、ドラフトでの指名はなく日立製作所入り。

1年目となった2016年からレギュラーを獲得し、都市対抗野球では打率.381(21打数8安打)の成績で新人賞にあたる若獅子賞を獲得。また、年末の表彰される社会人ベストナインも受賞している。

178センチと兄(171センチ)より上背はある田中選手の持ち味は二塁守備、そして広角に打ち分けることのできる打撃だ。また、50メートルを6秒で駆け抜ける脚力も持ち合わせており、リードオフマンとして適任。2017年ドラフトでのプロ入りを目指す。

2年前の悔しさを晴らしたい!菅野剛士選手

氏名:菅野剛士(すがの・つよし)
所属:日立製作所
経歴:東海大相模高校→明治大学
投打:右投左打
ポジション:外野手

東海大相模高校時代は田中俊太選手と同学年で2年時からベンチ入り。2年春から3季連続で甲子園に出場を果たしている。しかし、準優勝となった2年夏に出番はなかった。3年春は5番・左翼で全試合に出場し打率.222(18打数4安打)と結果を残せなかったが優勝を勝ち取った。高校時はプロ志望届を提出せずに明治大学へ進学。

1年春から試合に出場し2年春からはレギュラーを獲得。2度のベストナインを獲得するなどの結果を残している。同期の高山俊選手(現・阪神)、坂本誠志郎選手(現・阪神)、上原健太選手(現・日本ハム)とともにプロ志望届を提出したが、指名はなく日立製作所へと進む。ここで高校時代のチームメートでもある田中選手と再会した。

田中選手と同様に菅野選手も1年目からレギュラーを獲得すると都市対抗野球で若獅子賞を受賞。1年目から公式戦打率.309(110打数34安打)をマークした。173センチ・80キロと小柄ではあるが長打を放つパワーはある。2年前のドラフトで指名されなかった悔しさを晴らしたい。

大阪ガスの強肩捕手!岸田行倫選手

氏名:岸田行倫(きしだ・ゆきのり)
所属:大阪ガス
経歴:報徳学園高校
投打:右投右打
ポジション:捕手

兵庫県の強豪・報徳学園高校時代に2年生でレギュラーを獲得。2年春の甲子園では背番号「6」を背負い3番・遊撃手でスタメン出場。初戦で二塁打を放ったものの常葉菊川高校に惜敗した。2年夏は甲子園出場できなかったものの、新チームで近畿大会ベスト4に進出。
この秋から岸田選手は捕手にコンバートされ、3年春のセンバツでは背番号「2」を背負い捕手で出場した。迎えた甲子園では4番・捕手で出場したがノーヒットで初戦敗退。なお、この試合では5回途中からマウンドにも登っている。

大学進学はせずに社会人野球の大阪ガスへと進んだ岸田選手。1年目から試合に出場し秋の日本選手権ではレギュラーを奪取。4試合で打率.188(16打数3安打)と打撃面で結果を残すことはできなかったが、投手陣を好リードし準優勝を飾っている。

2年目となった2016年も年間を通じて打率.210(62打数13安打)と打撃に課題は残っている。しかし、日本選手権では打率.308(13打数4安打)の成績でベスト4進出に貢献した。

社会人野球で打撃に結果が出ていないのは気になるところではあるが、強肩が売りの捕手ということもあり指名はありそうだ。

内外野守れるユーティリティー!藤岡裕大選手

氏名:藤岡裕大(ふじおか・ゆうだい)
所属:トヨタ自動車
経歴:岡山理科大付属高校→亜細亜大学
投打:右投左打
ポジション:内野手(遊撃手)

岡山理科大付属高校時代に甲子園出場経験はないものの、1年時からレギュラーを獲得。投手、野手ともに活躍し注目を浴びていた。しかし、プロ志望届けは提出せずに亜細亜大へと進学。
ここでも1年春からレギュラーを獲得しベストナイン(三塁)、新人賞を受賞している。1年秋は不振に陥ったものの、2年春には再び打率.313(48打数15安打)と復調。3年秋には打率.380(50打数19安打)で首位打者を獲得し、2度目のベストナインに輝いている。最後のシーズンもベストナインを獲得するなど4年間で通算打率.296(351打数104安打)をマーク。
ドラフト時にはプロ志望届を提出し指名を待った。しかし、指名はなくトヨタ自動車へと進むことになる。

トヨタ自動車でも1年目から三塁ではなく外野レギュラーを獲得し都市対抗野球では打率.381(21打数8安打)の好成績。この大会で新人賞にあたる若獅子賞を受賞している。
2年目の2017年は遊撃手でレギュラーを獲得すると都市対抗野球で満塁本塁打を放つなどチームに貢献。内外野守れる守備、そして打撃とアピールを重ねドラフトを待つことになりそうだ。

社会人1年目から三塁でレギュラーを獲得!北村祥治選手

氏名:北村祥治(きたむら・しょうじ)
所属:トヨタ自動車
経歴:星陵高校→亜細亜大学
投打:右投右打
ポジション:内野手(三塁)

松井秀喜選手(元・ヤンキース他)らを輩出している星稜高校出身の北村祥治選手。甲子園出場経験はなく亜細亜大学へと進学する。
亜細亜大学では1年春から二塁のレギュラーをつかみベストナインを受賞。4年間で打率.258(314打数81安打)の成績を残している。4年時には主将としてチームを引っ張り、藤岡裕大選手らと明治神宮大会を制覇。しかし、プロ志望届を出したものの指名はなく、藤岡選手と同じトヨタ自動車へと進む道を選んだ。

トヨタ自動車でも1年目から三塁でレギュラーを獲得し都市対抗野球、日本選手権にも出場。しぶとい打撃を持ち味とし逆方向への意識が強いスタイルだ。今春の都市対抗野球では初戦こそノーヒットに終わったものの、2戦目で4打数2安打1打点と結果を残している。チームメートの藤岡選手とともに2年越しのプロ入りを目指す。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!