「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~大学生野手編~

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭時代は春夏連覇!笠松悠哉選手

氏名:笠松悠哉(かさまつゆうや)
所属:立教大学(東京六大学野球連盟)
経歴:大阪桐蔭高校
投打:右投右打
ポジション:内野手(三塁手)

大阪桐蔭高校時代に2年生ながら、三塁のレギュラーとして甲子園春夏連覇を達成すると、3年時も春夏の甲子園に出場し4季連続甲子園でプレーした。チームメートで2年からレギュラーを張っていた森友哉選手(現・西武)はプロ志望届を出し高卒でプロ入りした。しかし、笠松選手は立教大学への進学を選択する。

立教大学では1年時に試合出場はなかったが、2年秋にレギュラーを獲得する。打率.333(36打数12安打)、4本塁打、16打点の活躍を見せドラフト候補に躍り出た。3年時は春夏ともに不調となり、打率2割前後に低迷し暗雲が漂う。
しかし、最高学年となった今春のリーグ戦では打率.348(46打数16安打)、2本塁打、16打点の成績で復活し、東大戦では2打席連続本塁打を放っている。また、初のベストナイン(三塁手)も受賞している。

181センチと大型な身体から生まれるパワーが魅力の三塁手。長距離砲候補として三塁の補強を行いたい球団が中位、下位としての指名を行う可能性がありそうだ。

大型遊撃手としてプロ入りを目指す!宮本丈選手

氏名:宮本丈(みやもと・たけし)
所属:奈良学園大学(近畿大学野球連盟)
経歴:履正社高校
投打:右投左打
ポジション:内野手(遊撃手)

近畿大学野球連盟に所属する奈良学園大学からドラフト候補が誕生した。ユニバーシアード日本代表にも選出された宮本丈選手だ。履正社高校時代は2年春、3年夏に甲子園へ出場し打率.400(5打数2安打)の成績を残している。高校時にはプロ志望届を提出せずに奈良学園大学へ進学する。

1年春から遊撃手のレギュラーを獲得し、打率.333(33打数11安打)と結果を残すと4年春までに97安打を積み上げた。また、1年秋から4年春まで6季連続でベストナインを受賞し首位打者を3度獲得するなどリーグを代表する遊撃手となった。
この活躍が認められ参加したユニバーシアードでは、5試合に出場し打率.375(8打数3安打)、2打点と結果を残している。

181センチ・80キロの大型遊撃手。走攻守ともに優れており、ドラフト上位指名でプロ入りを目指す。

おすすめの記事