「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~大学生野手編~

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭時代は春夏連覇!笠松悠哉選手

氏名:笠松悠哉(かさまつゆうや)
所属:立教大学(東京六大学野球連盟)
経歴:大阪桐蔭高校
投打:右投右打
ポジション:内野手(三塁手)

大阪桐蔭高校時代に2年生ながら、三塁のレギュラーとして甲子園春夏連覇を達成すると、3年時も春夏の甲子園に出場し4季連続甲子園でプレーした。チームメートで2年からレギュラーを張っていた森友哉選手(現・西武)はプロ志望届を出し高卒でプロ入りした。しかし、笠松選手は立教大学への進学を選択する。

立教大学では1年時に試合出場はなかったが、2年秋にレギュラーを獲得する。打率.333(36打数12安打)、4本塁打、16打点の活躍を見せドラフト候補に躍り出た。3年時は春夏ともに不調となり、打率2割前後に低迷し暗雲が漂う。
しかし、最高学年となった今春のリーグ戦では打率.348(46打数16安打)、2本塁打、16打点の成績で復活し、東大戦では2打席連続本塁打を放っている。また、初のベストナイン(三塁手)も受賞している。

181センチと大型な身体から生まれるパワーが魅力の三塁手。長距離砲候補として三塁の補強を行いたい球団が中位、下位としての指名を行う可能性がありそうだ。

大型遊撃手としてプロ入りを目指す!宮本丈選手

氏名:宮本丈(みやもと・たけし)
所属:奈良学園大学(近畿大学野球連盟)
経歴:履正社高校
投打:右投左打
ポジション:内野手(遊撃手)

近畿大学野球連盟に所属する奈良学園大学からドラフト候補が誕生した。ユニバーシアード日本代表にも選出された宮本丈選手だ。履正社高校時代は2年春、3年夏に甲子園へ出場し打率.400(5打数2安打)の成績を残している。高校時にはプロ志望届を提出せずに奈良学園大学へ進学する。

1年春から遊撃手のレギュラーを獲得し、打率.333(33打数11安打)と結果を残すと4年春までに97安打を積み上げた。また、1年秋から4年春まで6季連続でベストナインを受賞し首位打者を3度獲得するなどリーグを代表する遊撃手となった。
この活躍が認められ参加したユニバーシアードでは、5試合に出場し打率.375(8打数3安打)、2打点と結果を残している。

181センチ・80キロの大型遊撃手。走攻守ともに優れており、ドラフト上位指名でプロ入りを目指す。

慶応大学の長距離砲候補!岩見雅紀選手

氏名:岩見雅紀(いわみ・まさき)
所属:慶応大学(東京六大学野球連盟)
経歴:比叡山高校
投打:右投右打
ポジション:外野手

比叡山高校から慶応大学へ進学した岩見雅紀選手。187センチ・107キロという堂々とした体格から本塁打を放つ長距離砲候補だ。1年時にリーグ戦出場はなかったが、2年春に初出場を果たす。このシーズンは本塁打、安打ともに出なかった。
しかし、秋のリーグ戦では10打数5安打、2本塁打とパワーを見せ3年春にレギュラーを獲得。打率.318(44打数14安打)、4本塁打、13打点の活躍をみせた。最高学年となった今春は打率.224(49打数11安打)と低打率ながら5本塁打、13打点をマークしベストナイン(外野手)を受賞している。

今夏のユニバーシアード日本代表にも選ばれた岩見選手。本塁打こそ出なかったが、打率.333(6打数2安打)の成績を残している。本塁打を放つパワーは魅力的だが、守備に不安があり上位での指名はむずかしいかもしれない。しかし、六大学でみせたパワーをプロの舞台でも見せてくれることに期待したい。

50メートル5秒7の俊足!島田海吏選手

氏名:島田海吏(しまだ・かいり)
所属:上武大学(関甲新学生野球連盟)
経歴:九州学院高校
投打:右投左打
ポジション:外野手

関甲新学生野球連盟の強豪である上武大学でリードオフマンを務めるのが島田海吏選手だ
。島田選手は九州学院大学から上武大学へ進学すると、2年春からレギュラーを獲得し、年春に打率.469(32打数15安打)で首位打者を獲得しベストナイン(外野手)も受賞した。秋のリーグ戦では不振もあり打率.160(25打数4安打)と低迷した。
しかし、最高学年となった今春は打率.385(39打数15安打)と復活を果たし、2回目のベストナインも獲得している。日本代表として戦った今夏のユニバーシアードでも、リードオフマンを務め打率.391(23打数9安打)でチームを牽引した。大学生ではトップクラスの外野手へと成長している。

走攻守に優れたアベレージタイプのリードオフマン。とくに走塁面は目を見張るものがあり、50メートルのタイムは6秒を切る俊足だ。日本人初の9秒台(100メートル)を出した陸上競技の桐生祥秀選手に先着したこともある。今秋のドラフトでもスピードスター候補に注目が集まる。

その他の指名候補選手はこちら

氏名:小林遼(こばやし・りょう)
所属:富士大学(北東北大学野球連盟)
経歴:仙台育英高校
投打:右投左打
ポジション:捕手

氏名:大平達樹(おおひら・たつき)
所属:桜美林大学(首都大学野球連盟)
経歴:桜美林高校
投打:右投右打
ポジション:捕手

氏名:下石涼太(しもいし・りょうた)
所属:東海大学
経歴:広陵高校
投打:右投左打
ポジション:内野手(二塁手)

毎年、プロ野球へ選手を送り出している富士大学。今年は捕手の小林遼選手がドラフトで注目されそうだ。仙台育英高校から富士大学へ進学し、1年秋から試合に出場。今夏のユニバーシアード日本代表にも選出された捕手だ。打撃面でも優れているが、2秒を切る二塁送球がアピールポイントとなる。先輩達に続きドラフト指名があるか注目が集まる。

昨年のドラフト会議で佐々木千隼選手を千葉ロッテマリーンズへ送り出した桜美林大学。今年はその女房役でもあった捕手の大平達樹選手が、ドラフト候補となっている。今夏のユニバーシアードでは打率.471(17打数8安打)と存在感をアピールした。プロ野球界に少なくなった「打てる捕手」候補としてのプロ入りを目指す。

広陵高校、東海大学と名門を渡り歩いてきた下石涼太選手。高校時代は「二刀流」としてプレーしたが、東海大学へ進学後は野手に専念。1年春から試合に出場し、2年時にユニバーシアード日本代表へ選出されている。
その後調子を崩したが、主将となって臨んだ今春のリーグ戦では打率.381(42打数16安打)と復活。172センチと小柄だが、広角に打ち分ける技術がありアベレージタイプとしての活躍は期待できそうだ。

関連記事

おすすめの記事