「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~高校生野手編~

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラフトの主役!清宮幸太郎選手

氏名:清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)
所属:早稲田実業学校(東京都)
経歴:調布リトルシニア
投打:右投左打
ポジション:内野手(一塁手)

小学生の頃からテレビ番組に出演するなど、注目を浴びていた清宮幸太郎選手(早稲田実業学校)。1年夏の甲子園出場時に打率.474(19打数9安打)、2本塁打、8打点と結果を残し、改めてその名を轟かせた。つねに本塁打記録が話題となり、スター性も抜群だ。
甲子園には1年夏、3年春の2度しか出場できなかったが、高校通算111本塁打を放っている。また、日本代表としても主将としてU-18野球ワールドカップを戦いチームを銅メダルに導くなどリーダーシップもあるのは心強い。

184センチ・100キロと体格もよく、木製バットも苦にしない天性のスラッガー候補の清宮選手。一塁守備に難はあるが、それを上回る打撃を期待されている。プロ入りか大学進学かを明らかにしていなかったが、9月22日に会見を開きプロ志望、将来的にメジャーリーグを目指すというを表明。
複数球団からの1位入札は間違いないだろう。スラッガー候補というだけでなく、話題性、集客力など全ての面で魅力がある清宮選手に注目したい。

履正社高校が誇るスラッガー!安田尚憲選手

氏名:安田尚憲(やすだ・ひさのり)
所属:履正社高校(大阪府)
経歴:レッドスターBC
投打:右投左打
ポジション:内野手(三塁手)

清宮幸太郎選手(早稲田実業学校)とともに、今年のドラフトで注目されているスラッガーが安田尚憲選手だ。山田哲人選手(ヤクルト)、Tー岡田選手(オリックス)らと同じ履正社高校出身でもあり「西の横綱」とも称されていた。
2年夏、3年春と2度の甲子園に出場。8試合で打率.379(29打数11安打)、1本塁打、4打点の成績を残している。清宮選手の高校通算111本塁打には及ばないが、高校通算65本塁打を放っている長距離砲候補だ。この数字は松井秀喜選手(元・ヤンキース他)の60本、清原和博選手(元・西武他)の64本を上回っている。

最後の夏は甲子園出場とならなかったが、U-18野球ワールドカップ日本代表に選出されクリーンアップを務めている。スーパーラウンドのオーストラリア戦では、サヨナラ適時打を放つなど貢献。本塁打こそなかったものの存在感を発揮した。

188センチ・92キロの堂々とした体格の安田選手。強打の内野手として上位指名は間違いない。本職は三塁手だが、日本代表では一塁もこなすなど柔軟に対応も可能だ。履正社高校からまたひとり、未来の本塁打王が誕生するかもしれない。

おすすめの記事