2017年ドラフト候補選手レビュー~高校生野手編~|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~高校生野手編~


ドラフトの主役!清宮幸太郎選手

氏名:清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)
所属:早稲田実業学校(東京都)
経歴:調布リトルシニア
投打:右投左打
ポジション:内野手(一塁手)

小学生の頃からテレビ番組に出演するなど、注目を浴びていた清宮幸太郎選手(早稲田実業学校)。1年夏の甲子園出場時に打率.474(19打数9安打)、2本塁打、8打点と結果を残し、改めてその名を轟かせた。つねに本塁打記録が話題となり、スター性も抜群だ。
甲子園には1年夏、3年春の2度しか出場できなかったが、高校通算111本塁打を放っている。また、日本代表としても主将としてU-18野球ワールドカップを戦いチームを銅メダルに導くなどリーダーシップもあるのは心強い。

184センチ・100キロと体格もよく、木製バットも苦にしない天性のスラッガー候補の清宮選手。一塁守備に難はあるが、それを上回る打撃を期待されている。プロ入りか大学進学かを明らかにしていなかったが、9月22日に会見を開きプロ志望、将来的にメジャーリーグを目指すというを表明。
複数球団からの1位入札は間違いないだろう。スラッガー候補というだけでなく、話題性、集客力など全ての面で魅力がある清宮選手に注目したい。

履正社高校が誇るスラッガー!安田尚憲選手

氏名:安田尚憲(やすだ・ひさのり)
所属:履正社高校(大阪府)
経歴:レッドスターBC
投打:右投左打
ポジション:内野手(三塁手)

清宮幸太郎選手(早稲田実業学校)とともに、今年のドラフトで注目されているスラッガーが安田尚憲選手だ。山田哲人選手(ヤクルト)、Tー岡田選手(オリックス)らと同じ履正社高校出身でもあり「西の横綱」とも称されていた。
2年夏、3年春と2度の甲子園に出場。8試合で打率.379(29打数11安打)、1本塁打、4打点の成績を残している。清宮選手の高校通算111本塁打には及ばないが、高校通算65本塁打を放っている長距離砲候補だ。この数字は松井秀喜選手(元・ヤンキース他)の60本、清原和博選手(元・西武他)の64本を上回っている。

最後の夏は甲子園出場とならなかったが、U-18野球ワールドカップ日本代表に選出されクリーンアップを務めている。スーパーラウンドのオーストラリア戦では、サヨナラ適時打を放つなど貢献。本塁打こそなかったものの存在感を発揮した。

188センチ・92キロの堂々とした体格の安田選手。強打の内野手として上位指名は間違いない。本職は三塁手だが、日本代表では一塁もこなすなど柔軟に対応も可能だ。履正社高校からまたひとり、未来の本塁打王が誕生するかもしれない。

甲子園6本塁打!高校ナンバーワン捕手の中村奨成選手

氏名:中村奨成(なかむら・しょうせい)
所属:広陵高校(広島県)
経歴:大野シニア
投打:右投右打
ポジション:捕手

今夏の甲子園で全国トップクラスの知名度となった広陵高校の中村奨成選手。3番・捕手として攻守にわたりチームを引っ張り準優勝に導いた。1大会6本塁打、17打点、43塁打の大会記録を更新。19安打、6二塁打は大会タイ記録となり甲子園の歴史に名を刻んでいる。
清宮幸太郎選手(早稲田実業学校)、安田尚憲選手(履正社高校)が不在の中、ニュースターとして甲子園を盛り上げた。

大会終了後に行われたU-18野球ワールドカップ日本代表にも選出され活躍を期待されたが、木製バットへの対応に苦しんだ。この大会だけで評価が下がることはないだろうが、気がかりな点ではある。しかし、2013年の森友哉選手(現・西武)以来となる高卒捕手のドラフト1位となることは間違いない。
プロ野球界では減ってきた「打てる捕手」としての活躍を期待したい。

「機動破壊」のリードオフマン!湯浅大選手

氏名:湯浅大(ゆあさ・だい)
所属:健大高崎高校(群馬県)
経歴:富岡ボーイズ
投打:右投右打
ポジション:内野手(遊撃手)

「機動破壊」が代名詞となっている群馬県の健大高崎高校。その中心選手として活躍していたのが、湯浅大選手だ。湯浅選手は2年秋の新チームから主将を任されると、1番遊撃手として活躍。秋の公式戦では打率.478(23打数11安打)、8盗塁を記録。春のセンバツ甲子園出場に大きく貢献した。
しかし、甲子園出場を決めた後の2月に右手首を骨折。甲子園ではベンチ入りは果たしたものの、先発出場は叶わず代走、守備で出場を果たしたのみだった。主将として夏の選手権でリベンジを果たす決意をした。

しかし、群馬県予選決勝で1安打を放ったものの前橋育英高校に敗退。再度甲子園の土を踏むことはできなかった。
173センチと小柄ではあるが高校日本代表1次候補にも入るなど、素材としての評価は高い。また、50メートル6秒1で走るスピードも魅力だ。リードオフマンタイプの内野手として下位指名はあるかもしれない。骨折により甲子園で結果を残せなかった悔しさをプロで晴らしたい。

その他の指名候補選手はこちら

氏名:植田拓(うえだ・たく)
所属:盛岡大付属高校(岩手県)
経歴:貝塚シニア
投打:右投右打
ポジション:外野手

氏名:西川愛也(にしかわ・まなや)
所属:花咲徳栄高校(埼玉県)
経歴:浜寺ボーイズ
投打:右投左打
ポジション:外野手

2年夏から3年夏まで3季連続で甲子園に出場し全ての大会で本塁打を放った選手がいる。盛岡大附属高校の植田拓選手だ。身長165センチながらパワーは目を見張るものがあり、高校通算62本塁打をマーク。フルスイングが特徴的な選手でもある。
3度の甲子園で10試合に出場打率.356(45打数16安打)、4本塁打、9打点の活躍をした。また、パワーだけでなく50メートル6秒を切る俊足も売りにしている。高校日本代表でも一次候補に名を連ねるなど評価は高い。同校から松本裕樹選手(ソフトバンク)以来のドラフト指名を目指す。

今夏の甲子園で初優勝を飾った花咲徳栄高校。その中心だったのが西川愛也選手だ。甲子園では3番・左翼で出場し打率.333(27打数9安打)、10打点、3盗塁とチームを牽引した。埼玉県予選中にはユニフォームの盗難に遭ったが、翌日の試合でランニング本塁打を放つなど少々のことでは動じない。
180センチ・84キロと体格もよく50メートルは6秒前半を記録。俊足巧打のアベレージヒッタータイプだ。肩を痛めたことがあり守備には不安があるものの、ドラフト中位で指名されそうな逸材だ。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!