「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~高校生投手編~

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表左腕はプロ入りを表明!田浦文丸選手

氏名:田浦文丸(たうら・ふみまる)
所属:秀岳館高校(熊本県)
経歴:糸島ボーイズ
投打:左投左打
ポジション:投手

今年のドラフトにおいて高校生ナンバー左腕といえそうなのが、秀岳館高校の田浦文丸選手だ。田浦選手は1年時からベンチ入りを果たし試合に登板。2年春から4季連続で甲子園に出場するなど、全国的にも知名度のある投手だ。
鍛治舎巧監督の起用方針もあり2年時は継投策が多く、田浦選手の役割は中継ぎだった。2年春夏の甲子園でも5試合に登板しているが先発はわずかに1試合。エースが完投することの多い高校野球においてはあまりない起用法だった。

最高学年となった今年も川端健斗選手との継投策で再び甲子園に春夏連続出場している。夏の甲子園後には日本代表に選出されU-18野球ワールドカップに出場。5試合に登板し13.2回を投げ29奪三振、自責点はわずかに2と結果を残している。

身長170センチと小柄ながら140キロ台のストレートにスライダー、チェンジアップを織り交ぜ三振を量産。メジャーリーグのスカウトも唸らせた逸材だ。日本代表組では最も早くプロ志望届を提出し、プロ志望を表明しているため上位指名が期待される。

高校生ナンバーワンの評価も!石川翔選手

氏名:石川翔(いしかわ・しょう)
所属:青藍泰斗高校(栃木県)
経歴:板橋シニア
投打:右投右打
ポジション:投手

甲子園出場経験こそないが、ドラフト上位候補の高校生投手がいる。青藍泰斗(せいらんたいと)高校の石川翔選手だ。石川選手は150キロを超のストレートを投げる本格派右腕としてチームを引っ張っていた。
3年夏の栃木県予選では、前年夏の甲子園覇者である作新学院高校を最後まで苦しめたものの2-3で惜敗。聖地には手が届かなかったが、プロのスカウト達の前で好投を披露し「全国的にもトップクラス」との評価が多く聞こえてきた。

U-18野球ワールドカップ日本代表には選出されなかったものの、その速球は魅力がある。今夏の甲子園でも150キロを超えるストレートを投げたのは花咲徳栄高校の清水達也選手ただひとり。速球派の石川選手は上位指名候補として各球団のリストにのっていることだろう。9月13日にプロ志望届を提出しており、ドラフトを静かに待つ。

おすすめの記事