「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ベイスターズ・今永昇太のピッチングの本質とは?その投手像に迫る!

2017 10/13 10:05Mimu
野球 ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

左腕王国ベイスターズの中心、今永昇太はどんな選手?

今、DeNAベイスターズは左腕王国になっている。開幕投手の石田健太選手に、ルーキーながら活躍を見せる濱口遥大選手、中継ぎでも田中健二朗選手に、砂田毅樹選手、日本ハムからトレードで移籍してきたエドウィン・エスコバー選手も力のあるストレートを投げている。
その中でも、今最も安定感があり、エースとして成長しつつあるのが、今永昇太選手だ。

2017年8月には、2年目ながら初の2桁勝利を達成。ベイスターズの左腕投手が2桁勝利を挙げるのは、2005年の土肥義広さん以来12年ぶり、生え抜き左腕となると2002年の吉見祐治さん以来15年ぶりとなる。
2016年に石田選手が9勝で惜しいところまで行ったのだが、今永選手が先にクリアとなった。今回は、そんな今永選手の投手像に迫ってみよう。

進学校出身ながら当時から期待されていた!大学ではチームを優勝に導く

まずは今永選手のキャリアから紹介していこう。今永選手は、福岡県立北筑高校から駒澤大学を経て、2015年のドラフト1位でベイスターズへと入団した。この北九州市にある北筑高校は進学公立高校だ。運動部の活動も盛んな高校ではあるが、特に野球強豪校というわけではなく、プロ野球選手の輩出も今永選手が第1号なのだ。

今永選手は3年の春に折尾愛真高校戦で14奪三振の好投を見せると、その後の試合でもイニング数を上回る三振を奪い、徐々にプロの球団からも注目を集めるようになった。2年生の時からエースで、当時から140km/hを計測していた。1回戦でコールド負けをした夏の大会から驚異的なスピードで成長し、一躍注目の選手となったのだ。

卒業後は駒澤大学へ進学し、1年生から試合に出場している。後にプロでもチームメイトとなる戸柱恭孝選手とバッテリーを組み、2年生の春には大学初勝利を含む6勝を上げ、最優秀投手とベストナインの2冠を達成した。
3年生時には春夏合わせて11勝3敗、春は3連続完封勝利を含む4勝で防御率0.87、特に秋には7勝を上げ、MVP・最優秀投手賞・ベストナインの3冠を獲得するなど、最高の1年となった。スカウトたちも、翌年のドラフト上位候補と声をそろえていたほどだ。

こうして高校時代以上にプロに注目されていた今永選手であるが、4年生で左肩を故障してしまい、春は登板無し、秋も0勝3敗という数字に終わり、ドラフト前の重要な1年に、1勝も上げられなかった。
そのためユニバーシアードの代表にも選ばれたが、辞退している。だがプロからの評価は依然として高いままであったため、無事にベイスターズから単独1位指名を受けることとなったのだ。

おすすめの記事