「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ユニバーシアード競技大会で活躍したプロ野球選手たち

2017 10/13 10:05Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッチャーの2人もプロで奮闘中

他の野手陣ではキャッチャーとして代表に選出された、坂本誠志郎選手と宇佐見真吾選手もプロ入りしている。坂本選手は明治大学から阪神タイガースへ入団し、現在は梅野隆太郎選手と捕手争いの真っ最中だ。
プロ入り当時は打撃に難ありと評価されていたが、打撃でも頑張っているようだ。この大会でも打率5割(8-4)に3打点を残している。初戦の韓国戦では先制タイムリーを放ち、記念すべきチーム大会初得点を自らのバットで生み出している。

宇佐見選手も城西国際大から読売ジャイアンツへと入団し、2017年シーズン終盤になって出番が回ってくるようになった。もともと打てる捕手として評価が高く、この大会でも2試合の出場ながら、3打数3安打で打率10割という数字を残している。
守備面では、2試合目の中国戦で澤田圭介選手を好リードし、チェンジアップを効果的に使い、相手打線を翻弄していた。

非常に豪華だった投手陣

4年生で出場した明治大学の上原健太選手、東京農業大の井口和朋選手、東海大の吉田侑樹選手は、みんなそろって日本ハムへと入団した。
指名順位は上原選手が1位、井口選手が3位、吉田選手は7位で、上原選手と井口選手は1年目からプロデビューを果たし、井口選手は中継ぎとして37試合に登板するなど、特に活躍をみせている。

だが、それ以上に話題になっていたのは、当時の3年生の進路だろう。翌年のドラフト、田中正義選手は何と5球団競合の末に、福岡ソフトバンクホークスへと入団した。大会本選では試合数の少なさが影響して出番も少なかったが、NPB選抜との壮行試合では7者連続三振を奪うなど、既に下級生の時からの評価が非常に高かったのだ。

そして柳裕也選手は2球団競合で中日ドラゴンズへと入団している。この大会では2試合10回2/3で18奪三振を出すようなエース的な存在で、まちがいなく優勝の立役者の1人だ。
ドラフト1位でDeNAベイスターズへと入団した濱口遙大選手は、肘のケガで辞退した今永翔太選手に変わって招集された選手である。その今永選手も濱口選手の前年に、ベイスターズからドラフト1位指名にを受けていた選手だ。

このように、ユニバーシアードに出場した選手たちの多くは、その後もプロ野球入りを果たしている。今回の大会では、いったい何人がプロ入りするだろうか。10月のドラフトが楽しみである。

おすすめの記事