「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ユニバーシアード競技大会で活躍したプロ野球選手たち

2017 10/13 10:05Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

実は20年間野球競技が開催されていなかった

ユニバーシアード競技大会は、国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する学生を対象にした国際総合競技大会で、2年ごとに開催されている。別名『学生のオリンピック』とも呼ばれ夏季大会、冬季大会がある。
ユニバーシアード野球競技も開催されたが、開催されたのは1993年、95年の2度だけであった。2015年に再び開催が決定した野球競技。実に20年ぶりの再開となった。

だが95年の大会からは、多くのプロ野球選手が排出されているので、そちらを紹介していきたい。
この年のユニバーシアードでは、青山学院大学の井口忠仁(資仁)選手、東洋大学の清水隆行さん、同じく東洋大学の今岡誠さんが主力選手として活躍していた。「1番ショート 井口」「4番ライト 清水」「5番サード 今岡」がほとんどの試合で固定されており、それぞれの試合で印象的な活躍を見せている。

予選ラウンド初戦となったアメリカ戦では、井口選手が3安打でトップバッターとしての役割を果たしたかと思えば、4番の清水さんが3安打4打点、今岡さんも2安打、中村豊さんも3安打を記録しており、15-0の大勝に貢献している。さらに中国戦では清水選手が2本のホームランで5打点。決勝ラウンドのアメリカ戦では今岡選手が3安打2打点。
残念ながら準決勝の韓国戦で敗れてしまい、惜しくも3位に終わってしまったものの、福岡を大いに盛り上げた。また井口選手、今岡さんはこのとき3年生であり、翌96年のアトランタオリンピックにも出場。日本の銀メダルに大きく貢献している。

3人ともプロでは大活躍している

井口選手はダイエーホークスに入団し、2001年・2003年には盗塁王を獲得。特に2003年は打率.340 27本塁打 44盗塁という成績を残し、史上最強とも言われた「ダイハード打線」の一角を担った。
その後はMLBのホワイトソックスに移籍して、世界一も経験。ロッテに復帰後も、チームの中心選手として活躍した。そして、2017年シーズン限りでの引退を発表している。

清水隆行さんも、当時の長嶋茂雄監督に見いだされて、バントをしない強打の2番打者としてレギュラーに定着。原監督に代わると、1番打者に定着して、2002年には最多安打のタイトルを獲得し、この年の日本一に大きく貢献した。現在はラジオなどで解説者として活躍している。

今岡誠さんも、2000年代前半に大活躍している。2003年に1番打者として打率.340を記録し、首位打者を獲得。チーム18年ぶりのリーグ優勝に貢献すると、2005年には打率.279、29本塁打ながら147打点を記録した。これはNPBでも歴代3位となる記録である。
この年は本当に勝負強く、30本塁打未満でこれだけの打点を稼いだのは、後にも先にも今岡さんしかいない。現在は「今岡真訪」に登録名を変更し、阪神の2軍打撃コーチを務めている。

おすすめの記事