「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2000年代前半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 9/13 14:03cut
ホームベース
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年:15年目で初の打撃タイトル獲得!畠山和洋選手

1球団最大2名までの逆指名が認められていた2000年ドラフト会議。2017年シーズン中に、名球会入会資格となる2000本安打を達成した阿部慎之助選手も、逆指名により読売ジャイアンツへ入団した。高校生のために逆指名ではないが、セ・パ両リーグで首位打者を獲得している内川聖一選手もこのドラフトで横浜ベイスターズへと入団を果たしている。

また、祖父が巨人の選手だったこともあり巨人入りを熱望していた内海哲也選手をオリックス・ブルーウェーブが強行指名。内海選手は入団拒否し東京ガスへ進んでいる。

この年の下位指名では中島裕之(現:宏之)選手がドラフト5位で西武ライオンズから指名された。所属していた兵庫県の伊丹北高校は全国的に無名でもあり驚きの指名だった。しかし、中島選手は西武を代表する遊撃手に成長しメジャーリーグへ挑戦。メジャーデビューを果たすことはできなかったが、オリックスに戻り2017年現在もプレーしている。

2015年に打点王を獲得し14年ぶりのリーグ優勝に貢献した畠山和洋選手もこの年のドラフトだ。専大北上高校からドラフト5位で指名され、15年目に初のタイトルを獲得した。2017年はケガで戦列を離れているが2018年以降に期待が掛かる。

2001年:高橋聡文選手はFAを獲得し移籍後も活躍

この年から1球団最大2名までの自由獲得枠が認められることになった2001年のドラフト会議。2017年も現役で活躍している選手では青山学院大学の石川雅規選手がヤクルトスワローズへ、青森大学の細川亨選手が西武ライオンズへと入団した。

自由獲得枠ではない上位指名選手では、寺原隼人選手が1巡目において4球団競合の末に福岡ダイエーホークスが交渉権を獲得。また、ダイエーは杉内俊哉選手も3巡目で指名し左右の軸となり得る投手を獲得した。西武は2巡目で中村剛也選手、4巡目で栗山巧選手と2017年現在も主力として活躍する選手を手に入れている。

下位指名組でブレイクを果たしたのは、中日ドラゴンズ8巡目指名の高橋聡文選手だろう。入団3年目となる2004年に一軍デビューを果たすと中継ぎとして活躍。タイトルの獲得はないものの、落合博満監督時代の中日を支える存在であったことは間違いない。2015年オフにFA宣言の末、阪神タイガースへと移籍。移籍後も変わらぬ活躍を続けている。

おすすめの記事